to、for〜前置詞の違い

はてなブックマーク

toとforの違いについてです。

下記は両方とも「これは私にとって重要である」という意味で正しい文章すが、ニュアンスが微妙に違います。

- This is important to me.
- This is important for me.


また、辞書を引くと to も for もさまざまな意味を持っていますが、
根本的な意味を理解することができればすべての意味を覚える必要はありません。

その意味でも to と for の違いを明確にイメージできることは重要と言えるでしょう。

スポンサーリンク



toとforの基本イメージ


toとforのイメージは違いも含めてセットで覚えたほうがよいかと思います。
それはどちらもある地点Aへ向かっている矢印のイメージです。

to-from
forのほうが短いのがおわかりでしょうか?
図がわかりづらくて恐縮ですが、これは to がAに達しているのに対して
for はAに向かってはいるが達してはいないことを示しています。


つまり、to AはすでにAに達しているというイメージがあり、for AはAに向かってはいるが達していないという意味があります。

これが to と for の基本的なイメージです。


これを踏まえると to と for のどちらを使えばよいのか迷うことも少なくなりますし、
to/forのさまざまな意味も理解しやすくなります。



例えば下記のような例文。

I went to Guam.
グアムに行きました。


上記の場合、goという動詞の意味に目的地に到達するところまで含まれていますので、toとなります。

「I went to Guam, but my flight was cancelled due to a typhoon.」
「グアムに行きましたが、台風のため、飛行機がキャンセルになりました」

というのは英語としても日本語としてもおかしいのです。

「行った」というのは少なくともその現地まで到達したことを意味するのですから。

I left for Guam.
グアムへ出発しました。


leaveの場合、ある地点(この場合、自分の家や国など)を去ることしか意味していないため、
グアムまで無事、到達したかどうかまでは上記の文だけではわかりません。

leaveという動詞は、グアムに向かって出発しただけであって、到着までは意味していないため、toではなく、forを使うことになります。

toとforの様々な用法


前述のようにtoとforは共にある点Aに向かう矢印のイメージがあります。

そしてtoがAにすでに達しているのに対して、forはAに向かっているけれど達していない、というのが
toとforの基本的なイメージでした。


この基本的なイメージを踏まえると、to/forの様々な用法についても納得できるようになります。


I lived in Japan from 1985 to 2020.
1985年から2020年まで日本に住んでいました。


1985年から2020年まで、というのは2020年に達しているのでtoとなります。

通常は中学か高校で「from A to B」という熟語で覚えさせられますが、
「AからBへ」というとき、通常は(意味的に)Bまでを含んでいるのでこのような言い方になります。


この他にも第五文型(SVOO)はto/forの前置詞を伴って第四文型(SVO)に書き換えることのできるものが多くあります。

I gave a present to her. (I gave her a present.)
私は彼女にプレゼントをあげた。
→彼女に「直接」あげるのでto

I teach math to my children. (I teach my children math.)
私は子供たちに数学を教える。
→子供たちに「直接」教えるのでto

She bought a present for him. (She bought him a present.)
彼女は彼にプレゼントを買った。
→買うのは「直接」ではないのでfor。あげるつもりで買ったけど結局あげなかった、と言うことも言葉の定義的にはあり得ます。

She told her secret to him. (She told him her secret.)
彼女は彼に秘密を教えた。
→彼に「直接」秘密を教えるのでto

I showed my card to him. (I showed him my card.)
私は彼にカードを見せた。
→彼に「直接」見せるのでto

He made cake for his son. (He made his son cake.)
彼は息子にケーキを作った。
→作るのは「直接」ではないのでfor。ケーキを作ったけど渡さなかった、ということも言葉の定義的にはあり得るから。


forの場合が少しわかりにくいかもしれません。

例えば、下記の場合。

She bought a present for him. (She bought him a present.)
彼女は彼にプレゼントを買った。



上記の文だけを読むと彼にプレゼントを買って渡した、という意味にとる方がほとんどだと思いますが、
下記のようなケースはいかがでしょうか?


She bought a present for him, but I didn't have the heart to hand it to him.
彼女は彼にプレゼントを買ったが、渡す勇気がなかった。



つまり彼女は勇気がなくて彼に渡せなかった、ということも文章として成り立つので、
「買う」という言葉自体には彼に渡す、という意味は含まれていないのです。
したがってこの場合は for となります。


とはいえ、言語というのは人間の使うものですから例外もありますし、
当てはまらない場合もあるような、、ということも出てくると思います。


そう言う時はそれはそれで一つ一つ覚えるしかないと思います(^^;

はてなブックマーク