子供がいる方にオススメの英語多読本~Curious Georgeシリーズ

はてなブックマーク

Curious George Around Town Boxed Set (Box of Six Books)


ある程度、文法が理解できて、しゃべれるようになったら、
次に必要なのは大量のインプット、そしてアウトプット。

どちらも大事ではあるのですが、個人的な感覚では
インプット8割、アウトプット2割くらいがいいのではないかと思います。



その中でも、特に重要なのが大量の多読です。


大人になってから、日本にいながらにして英語を学んでいく場合、
ある程度以上のレベルを求めようとすると、どうしても大量の読書が欠かせません。


基本的には自分の好きな本、できれば自分の英語力で
8割~9割は理解できる本がいいかと思うのですが、
個人的にはネイティブの幼稚園児~小学校低学年向けの絵本がオススメです。

理由は(Frog and Toadでも述べた内容と重複しますが)
単語が簡単で読みやすいわりには、私たち日本人の発想とは異なる
ネイティブにとって自然な英語を吸収することができるからです。

※とはいっても、楽しめなければ意味がないので、絵本を楽しいと思わなければ
 無理に絵本を読む必要はないと思います。


ここでは、NHK教育の「おさるのジョージ」をご紹介します。
(小さいお子さんがいる方はご存知の方が多いかも知れませんが、
 そうでなければあまりなじみがないかも知れません。
 私自身、幼稚園児の子供がいますが、多分、子供がいなかったら知らなかったと思います・・)

続きを読む

スポンサーリンク