英英辞書と洋書の単語、語彙本について

はてなブックマーク

よく言われることではありますが、ある程度、英語ができるようになったら
是非とも挑戦して欲しいこととして「英英辞典」と「洋書の単語集」です。

ただし、私自身は英英辞典や洋書での勉強に特段、こだわる必要はないと思っています。
基本的には英語だけでほぼばっちり理解できるくらいのレベルにならないと、
英語だけの勉強では効率が悪すぎるからです。

基本的に英英辞典は万人が手を出すもの、というよりは
英英辞典の解説がほぼわかるくらいの英語力がついた人でないと
効率の点でオススメできないものなのではないかと思っています。


ここでは英語で英単語を増やしていくことの是非についてお話したいと思います。

続きを読む

スポンサーリンク

語源で増やす英単語~数字と年、月~annual、biennial、perennial他

はてなブックマーク

語源から英単語を増やすシリーズの第二弾です。

前回は数字に関する語源についてご紹介しましたが、
今回はさらにその数字を年、月とつなげていきます。

続きを読む

語源で増やす英単語~数字~uni、bi、tri、mono、cent、milli他

はてなブックマーク

英語の勉強は語彙に始まり、語彙に終わると言っても過言ではありません。

英単語の暗記はそのくらい大事なのですが、
勉強が進めば進むほど、これがどうも面倒になってくるんですよね。



実際に英単語を覚えるのはなかなか大変ですので、
メルマガやブログでも似たような英単語を比較したり、
語呂合わせで覚えてみたりしているのですが、
その他にも英単語の暗記法として有効なものに
語源を覚えるというものがあります。


英語は元々、ヨーロッパで使われていたラテン語やギリシャ語が
派生して出来上がった言葉の一つですので、英単語の中には、
ラテン語やギリシャ語が元になった単語がたくさんあります。


基本的に英語の単語はいずれも、これらの語源を複合的に組み合わせたものですので、
これらの語源を学ぶことで、掛け算的に語彙を増やしていくことができます。

というわけで、語源による英単語増強の第一弾、数字に関する語源です。

続きを読む

英語脳と論理的思考について

はてなブックマーク

英語脳というと、あなたはどのようなことを思い浮かべるでしょうか。


英語を前から理解する能力、とか英語を聞き取るための耳、とか、
人それぞれでさまざまな答えがあるかと思います。

私自身が思いつく限りでも、細かいことをあげればきりがありませんが、
大きく言えば、以下の二点になるかと思っております。



1.論理的な思考
2.100%言いたいことを伝えたいという意思



今回はやや抽象的な話ですが、この英語特有の
論理的思考法ということについてお話させていただければと思います。


英語という言語の特徴として、そのような考え方を前提とする言語であることを
少し意識するだけで英語学習の吸収力は格段に変わると思います。




私が知る限り、どこの本、サイトにも書いていないのですが、
この2点こそが英語という言語そのものを支える土台であり、
これを念頭に置いて英語を学ぶことで、
あなたの英語生活はより充実したものになるはずです。

続きを読む

英単語記憶術を基礎とした英語学習~英語上達へのプラチナチケット

はてなブックマーク

最近、「英語上達へのプラチナチケット」という
英語学習の電子書籍を購入しましたので、レビューしてみたいと思います。
(以下、プラチナチケットと呼びます)


結論から言うと、初心者向けではまったくありませんが、
中級~上級レベルで伸び悩んでいる人、
次の道を模索している人が読むべき本という印象でした。



英語上達へのプラチナ・チケット
>英語上達へのプラチナ・チケット

続きを読む

あなたは英語を英語のままで理解できていますか?~英会話のための英語脳について

はてなブックマーク

英語の勉強、という時に昔から必ず言われるのが日本語を解さずに
「英語を英語のまま理解する」ということです。


つまりThank youと言われた時に、頭の中で
「ありがとう」という言葉を思い浮かべることなく
Thank youのままで理解する、ということですね。




結論から言うと英語を使いこなすためには英語を英語のままで理解するのは必須です。



そして、それは知識というよりは一種の慣れですので、
知識の吸収だけではなく、反復練習による慣れが必要になってきます。


ただ、スポーツなどと同じですが、いくら数をこなしても、
それが正しい方法でなければその効果は期待できません。

ですので、まずは英語を英語のままで理解するとは
どういうことなのかをしっかりと認識しておく必要があります。

続きを読む

英単語の暗記について~コロケーションで実践的な語彙習得をしよう

はてなブックマーク

英単語の暗記について~語彙習得に必要な5つのポイントでも書いたのですが、
英単語を覚える際には「実際に使われる用法を意識して覚える」必要があります。


つまり、実際の会話や文章のなかでの自然な英単語の使われ方、ということですね。

例えば「約束をする」は「make a promise」であって「do a promise」ではありませんし、
「約束を守る」は「keep a promise」、
一回限りであれば「fulfill a promise」ということもできます。


このような英単語の自然な結びつきを「コロケーション」といいます。


今回は英単語を覚えていく際の、コロケーションの重要性についてお話させて頂きたいと思います。

続きを読む

英会話〜瞬間英作文とパターンプラクティスで話せる英語を勉強しよう

はてなブックマーク

英会話のための基本的な練習法に「瞬間英作文」と
「パターンプラクティス」というものがあります。

基本的な練習法ではありますが、効果は絶大です。

どちらも基本的にやることはほぼ同じなので、
ここでは「瞬間英作文」を中心に説明を進めていきたいと思います。


以下のページでも英会話について触れていますので、
ぜひ合わせて参考にしてみてください。

>どのようにして英会話をマスターしていくのか

続きを読む

どのようにして英会話をマスターしていくのか~日常英会話の勉強法

はてなブックマーク

基本的な文法をマスターしたら、音読やリスニングと並行して会話の練習も行っていきます。

英会話の練習としてはさまざまなものがあり、
レベルがあがっていくにつれて、さまざまな視点から
さまざまな勉強法を取り入れていくべきなのですが、
まず最初は、瞬間英作文とパターンプラクティスで
基本的な英会話の土台を固めることをオススメしています。

ただ、まずその前にここでは、なぜ英語について一通りの教育を受けた日本人が
まともに英語をしゃべれないのかについて考えてみたいと思います。

元々、勉強熱心でかつ、英語への意識が非常に高い我々、日本人が
ちゃんと英語をしゃべれないのは、やはりどこかがおかしいからであり、
どこがおかしいのかを考えることにより、
どのように改善していけばよいのかが見えてくるからです。

続きを読む

英語のリスニングとディクテーション

はてなブックマーク

英語のリスニングとディクテーションについてです。

ある程度、英語が理解できるようになったら音読と合わせて、
リスニングを行っていきます。

続きを読む