子供がいる方にオススメの英語多読本~Curious Georgeシリーズ

はてなブックマーク

Curious George Around Town Boxed Set (Box of Six Books)


ある程度、文法が理解できて、しゃべれるようになったら、
次に必要なのは大量のインプット、そしてアウトプット。

どちらも大事ではあるのですが、個人的な感覚では
インプット8割、アウトプット2割くらいがいいのではないかと思います。



その中でも、特に重要なのが大量の多読です。


大人になってから、日本にいながらにして英語を学んでいく場合、
ある程度以上のレベルを求めようとすると、どうしても大量の読書が欠かせません。


基本的には自分の好きな本、できれば自分の英語力で
8割~9割は理解できる本がいいかと思うのですが、
個人的にはネイティブの幼稚園児~小学校低学年向けの絵本がオススメです。

理由は(Frog and Toadでも述べた内容と重複しますが)
単語が簡単で読みやすいわりには、私たち日本人の発想とは異なる
ネイティブにとって自然な英語を吸収することができるからです。

※とはいっても、楽しめなければ意味がないので、絵本を楽しいと思わなければ
 無理に絵本を読む必要はないと思います。


ここでは、NHK教育の「おさるのジョージ」をご紹介します。
(小さいお子さんがいる方はご存知の方が多いかも知れませんが、
 そうでなければあまりなじみがないかも知れません。
 私自身、幼稚園児の子供がいますが、多分、子供がいなかったら知らなかったと思います・・)

続きを読む

スポンサーリンク

オススメの英語多読本~Frog and Toadシリーズ

はてなブックマーク

Frog and Toad Are Friends (I Can Read Book 2)
英語を使いこなせるようにするためには大量のインプットが欠かせません。

一通りの文法を理解し、ある程度、リスニングとスピーキング、
瞬間英作文ができるようになったら、次にオススメしたいのが大量の多読。


基本的には好きな本を読めばいいと思うのですが、
大人向けの洋書や英字新聞などは、やはり最初は難しいもの。

以下のような理由から、個人的には多読の入門として絵本の多読をオススメします。


・簡単な単語が多く、単語で挫折することはあまりない

・簡単であるにも関わらず学校ではあまり教わらない単語も多いので、
 自然と使用頻度の高い単語を覚えることができる。

・言われれば理解でき、日常でよく使うが自分でしゃべろうと思うと
 出てこない表現が多いため、会話の表現力の底上げになる。


スマホの無料アプリなどで簡単に辞書を引くことができるようになった昨今、
個人的には多読でも気になった単語はどんどん辞書をひくべきだと思いますが、
幼稚園~小学校低学年向けの絵本であれば、難易度的にもそれほど辞書を引くことなく
進めると思いますので、量をこなすこともできて一石二鳥です。


ここでは、個人的にお気に入りのArnold Lobel(アーノルド・ローベル)作の
Frog and Toad シリーズについてご紹介いたします。

続きを読む

英語の音声を聞けるサイト

はてなブックマーク

今や、インターネットのおかげで無料でガンガン英語音声を聞けるようになりました。
ここでは私が活用している英語音声サイトをまとめてみたいと思います。

続きを読む