動詞の時制の一致は必ずしも厳守しなければいけないわけではない

はてなブックマーク

学校での授業や受験英語では、時制が一致していないといけないと
教わった記憶がありますがそんなことはありません。

時制が一致しない文は普通にありますし、特に一致する傾向にすらないような気がします。


時制が正確に使えるようになると、あなたの英語はぐっと自然なものとなります。
続きを読む

スポンサーリンク

現在分詞と過去分詞の形容詞の違い(interestingとinterested)

はてなブックマーク

慣れないと迷ってしまうのが、interestingとinterestedの違いです。


他にはexcitingとexcited、disappointingとdisappointed、
confusingとconfusedなどがあります。


中にはdisadvantaged、upcomingのように片方しか通常、使わない形もあったりします。

続きを読む

助言の助動詞の使い分け方(should、must、had better)

はてなブックマーク

助言の言葉の使い分け方です。
主に「~すべき」という表現には、should、must、had betterの3つで
いずれも中学生で習う助動詞ですが、ニュアンスはかなり異なります。
続きを読む

未来形の使い分け方(will、be going to、現在系)

はてなブックマーク

今回は未来形の使い分け方についてです。
続きを読む

中学の英文法について

はてなブックマーク

英語を学ぼうと思った時に、まず最初にするべきことは中学の英文法です。

もしかしたら「中学の英文法なんて余裕だよ」と思われるかも知れませんが、
実際にほとんどの英文法は中学で習った文法がベースになっています。
続きを読む

食べ物の冠詞(定冠詞、不定冠詞、無冠詞)や単数形、複数形、可算名詞、不可算名詞について

はてなブックマーク

冠詞についてのトピックです。
今回は食べ物についてまとめてみたいと思います。
続きを読む

冠詞(定冠詞、不定冠詞、無冠詞)〜aとtheの違いについて

はてなブックマーク

英語の冠詞についてです。名詞の前につくa/an、theですね。

冠詞は日本人で使いこなせている人とそうでない人の差が激しい上に、
英語圏のネイティブとの会話において、行き違いを生みやすい文法規則だと思います。

普段から英語に囲まれて育ってきたわけではない普通の日本人であれば、
例文とともに(日本語訳ではなく)理屈で理解するのがよいと思います。
続きを読む

英語の学習法について〜しっかりとした英会話のための7つのポイント

はてなブックマーク

いまや巷には音声から書籍まで、英語学習のための教材があふれています。

田舎の小さな本屋から、紀伊国屋のような大きな本屋さんまで、
英語の学習書コーナーはかなりのスペースを割かれています。
ビジネス向けの雑誌や、時には主婦向けの雑誌まで、英語についての特集はしょっちゅう見かけますし、
子供の習い事としてもここ数年はベスト10に入るくらいの人気ジャンルです。


今や英語というのは日本においては押しも押されぬ人気ジャンルとなりました。


今や本屋にいけば、多くの優れた教材が驚くほどの低価格で売られています。

ただ、その半面、本当にいろいろな学習方法があって、
どれから手をつけていいのか迷ってしまうことも事実だと思います。
学習者が効率よく学べる教材がたくさんある一方で、(すべての学習法を試すのは物理的に無理ですから)
選択を間違えると昔以上に無駄な道のりを歩むことになってしまうということです。

それでも最終的に英語を身につけられればまだよいのですが、
何の効果もない状態が何年も続いてもモチベーションが続くひとはそう多くはありませんので、
情報があふれている今の時代、学習法の選択がその後の成功と失敗を分けると言っても過言ではないかと思います。

続きを読む