obey、submit、yield、follow、comply、accede、conform、accept~従う(動詞)の英単語の違い

はてなブックマーク

従うという表現の違いについてです。
少し広い意味での「従う」という意味の英単語を集めてみました。

・obey:法や権限をもっている人がこうしなさいと言っていることに従う。
・submit:(フォーマル)obeyとほぼ同じだが、同意するかどうかに重点がある。
・yield to:屈する。本意ではないことに同意する。
・give in to:屈する。初めは反対していたことに対し(多くの場合、誰かに強制されて)しぶしぶ認める。
・follow:アドバイスや提案など、言われたことについて言う通りにする。
・comply:(フォーマル)規則、依頼など、することを期待されていることをする。
・accede:(ややフォーマル)要求や提案に同意する。特に最初、反対していたことに対して使う。
・conform:そうしなければならないことに従う。
・take/accept:受け入れる。

昔、DUOという単語集をやった時の例文のせいか、obey、submitというと
私の場合、ずっと戦争のイメージがあったのですが、
別に戦争でなくても普通に使います。

ただ、日常会話で「従う」という場合、
take an adviceやkeep a promise、followなどを使うほうが一般的だと思います。

スポンサーリンク



obey


obeyは基本的に法律とか、何かしらの権限をもっている人のいうことに従うときに使います。
学校の規則に従う場合や、軍隊での命令に従うような場合によく見かけます。


The little boy made no effort to obey.
その小さな少年は言うことを聞く努力を何もしなかった。

Soldiers are expected to obey orders without questioning them.
兵士たちは疑うことなく命令に従うものだ。(従うことを期待されている。)



submit


submitはもともと、「提出する」という意味の英単語で、
「従う」という意味で使うのはややフォーマルな言い方です。

基本的にはobeyと同じで、権限を持った誰かに従うという意味なのですが、
こちらは実際に言われた通りのことを実行するかどうかよりも
それに同意することに重点が置かれています。


また、しばしば他に選択の余地がないような場合に使われますので、
戦争に降服するようなイメージが近いと思います。


The original settlers were forced to submit to their rule.
先住民は彼らのルールに従うことを余儀なくされた。



yield to


yieldは「生み出す」「引き渡す」「降服する」「手放す」など、
いろいろな意味があるのですが、yield toで「屈する」という意味を持ちます。

この場合のyield toは、いやいや従うことや譲ることに同意する場合に使われます。


The hijackers refuse to yield to demands to release the passengers.
ハイジャック犯は乗客を解放するという要求に屈することを拒否した。



give in to


give in toはyield toとほぼ同じですが、誰かの要求などに対して屈するという意味です。

最初、反対していたけどついに(しぶしぶ)受け入れた、というニュアンスがありますので
特にしょうがなく受け入れた、ということを強調したい場合に使います。


The government refused to give in to their demands.
政府は彼らの要求を売れ入れることを拒否した。



follow


followはもともと、後ろについていく、という意味ですが、
アドバイスや提案などについて後ろについていく、つまり、
言われたことについて言う通りにする、という意味で使われます。

特にイヤイヤとか、強制しているイメージはありませんので、
指示に従ってください、というような命令形やお願いで使う場合は
followが最も一般的だと思います。


Follow the instructions very carefully when filling in the form.
用紙に記入するさいは、慎重に指示に従ってください。



comply


complyは、する必要のあることや頼まれたことなど、
やることを期待されていることをそのとおりにやる、という意味です。

会社の規則を忠実に守ることを企業コンプライアンスといいますが、
コンプライアンスの英語はcomplianceであり、これはcomplyの名詞形です。

つまり、complyは、そのように規則や従うべき事項に
忠実に従うことを意味します。


Failure to comply with the regulations will result in prosecution.
規定に遵守しないと、起訴されます。(規定に遵守しないことは起訴という結果になります)



accede


要求や提案に同意する場合に使います。
特に最初、反対していたことに対して使います。


The doctor refused to accede to his patient's request.
その医者は患者の要求を受け入れることを拒否した。



conform


conformはobeyに近いですが、どちらかというと、
みんなが従っていることに自分も従う、というイメージです。
(みんなと同じであることを名詞でconformityといいますが、conformも同じ語源です。)


Students can be expelled for refusing to conform to school rules.
校則に従わない生徒は退学になる可能性があります。



take/accept


take/acceptはともに提案などとともに使われると、「受け入れる」という意味になります。

従うというよりは、了解する、というイメージです。
どちらも普通に使えますが、takeのほうがよりライトなイメージです。


If you take my advice, you'll see a doctor.
もし私の提案を受け入れるなら、あなたは医者へ行くだろう。(=医者へ行くことをおすすめします。)



まとめ


・obey:法や権限をもっている人がこうしなさいと言っていることに従う。
・submit:(フォーマル)obeyとほぼ同じだが、同意するかどうかに重点がある。
・yield to:屈する。本意ではないことに同意する。
・give in to:屈する。初めは反対していたことに対し(多くの場合、誰かに強制されて)しぶしぶ認める。
・follow:アドバイスや提案など、言われたことについて言う通りにする。
・comply:(フォーマル)規則、依頼など、することを期待されていることをする。
・accede:(ややフォーマル)要求や提案に同意する。特に最初、反対していたことに対して使う。
・conform:そうしなければならないことに従う。
・take/accept:受け入れる。


この記事の例文をまとめます。

The little boy made no effort to obey.
その小さな少年は言うことを聞く努力を何もしなかった。

Soldiers are expected to obey orders without questioning them.
兵士たちは疑うことなく命令に従うものだ。(従うことを期待されている。)

The original settlers were forced to submit to their rule.
先住民は彼らのルールに従うことを余儀なくされた。

The hijackers refuse to yield to demands to release the passengers.
ハイジャック犯は乗客を解放するという要求に屈することを拒否した。

The government refused to give in to their demands.
政府は彼らの要求を売れ入れることを拒否した。

Follow the instructions very carefully when filling in the form.
用紙に記入するさいは、慎重に指示に従ってください。

Failure to comply with the regulations will result in prosecution.
規定に遵守しないと、起訴されます。(規定に遵守しないことは起訴という結果になります)

The doctor refused to accede to his patient's request.
その医者は患者の要求を受け入れることを拒否した。

Students can be expelled for refusing to conform to school rules.
校則に従わない生徒は退学になる可能性があります。

If you take my advice, you'll see a doctor.
もし私の提案を受け入れるなら、あなたは医者へ行くだろう。(=医者へ行くことをおすすめします。)




英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク