look、see、watch、gaze、stare、glimpse、glance、peer、gape、glare、ogle~見る(動詞)の英単語の違い

はてなブックマーク

「見る」という動詞にはさまざまな形があります。

せっかくなので広義の「見る」という意味の動詞を集めてみました。
ここでは以下の動詞の違いについて触れていきたいと思います。
(いくつかは名詞としても使えますが、基本的には同じ意味です)

・look:視界を向ける
・see:知覚する、認識する。「見る」という意味では自然と視界に入るようなイメージ
・watch:動いているものを自分から意識を向けて見る。
・stare:凝視する。(ネガティブ)
・gaze:長いこと見つめる。(単語自体はネガティブではない)
・glimpse:ちらりと見える(自発的ではない)
・glance:ちらりと見る(自発的)
・peer:注意深く観察するようにじっと見る
・gape:ぽかんと口を開けてみている。
・glare:睨みつける。
・ogle:女性を性的な目で見る。

スポンサーリンク



look


lookは単純に視線を向ける、というイメージです。

ですので、動詞自体には「対象物を見る」という意味は少ないので、
具体的に何を見たのかを言う場合は普通、atという前置詞を挟みます。


We sneaked out while Jessie's mom wasn't looking.
私たちはジェシーのお母さんが見ていない間に抜けだした。

"It's time we left," Ian said, looking at his watch.
イアンは腕時計を見ながら「そろそろ帰る時間だ」と行った。



see


seeは基本的に他動詞であり、対象を認識する、という意味の動詞です。

例えば、I see(わかりました)のような「認識する」「知覚する」という
意味に使えますが、「見る」もイメージ的にはその延長にあります。

したがって、「見る」というよりは「視覚的に認識する」という意味であり、
自然な日本語を使うのであれば「見える」という言葉のほうが近いと思います。



If you look carefully you can see that the painting represents a human figure.
よく注意して見れば、その絵画が人間の姿を表していることがわかる。


上記の場合、lookはまさに「視線を送る」という意味の「見る」であり、
またseeは「知覚する」「認識する」という意味で使われています。



「見る」という意味では、意図して見た、というよりも
自然に「見えた」という意味で使われる事が多いです。


He saw her walk across the street.
彼は、彼女が道を横切っているのを見た。



lookが自発的に視線を送っているのに対して、
seeには自然と見えるようなニュアンスがあります。



watch


watchもseeと同じく、基本的には他動詞です。
watchは「動いているものを意識的に注意してじっと見る」というニュアンスです。

例えば、watch TV(テレビを見る)などが代表的です。


I have been watching TV for 3 hours.
3時間、テレビを見続けています。

We sat and watched the sunset.
私たちは座って夕焼けを見た。



ただ、映画の場合は普通see a movieですが、
「見る」ということに焦点を置いている場合や
自宅でDVDなどで見ている場合はwatchになります。


I saw a movie yesterday.
昨日、映画を見た。

He suddenly burst into laughter while watching the movie.
映画を見ている最中に、彼は急に笑い出した。



おそらくですが、基本的に映画は集中してみるというよりは
大きなスクリーンなどを通して自然と見えるからseeなのではないかと思います。

ただし、後者の文のように何らかの形で見ていることに焦点が当たっている場合、
「意識して見る」という、watchの本来の意味が適応されるのではないかと思います。



stare


stareは単に「見る」というよりは「凝視する」「目を見開く」というニュアンスです。

自動詞の場合と他動詞の場合があり、自動詞の場合はlook同様、
stare at~で「~を凝視する」という意味になります。


固まってじろじろ見るようなイメージですが、
あまりいいニュアンスでは使われないような気がします。

She sat there staring into space.
彼女は虚空を見つめながら座っていた。

He stared me into silence.
彼は私を睨みつけて黙らせた。

He stared me up and down.
彼は私を上から下までじろじろ見た。



gaze


gazeはstare同様、「じっと見る」という意味ですが、
先のstareに比べるとあまりマイナスのイメージはありません。


She gazed on me in fascination.
彼女はうっとりして私の顔を見つめた.




glimpse


glimpseは他動詞で、「ちらりと見える」という意味です。

基本的に自分から見たのではなく、何かが
ぱっと視界に入ってきたような場合に使います。


また、英英辞典を引くと「to see someone or something for a moment
without getting a complete view of them」とあるように、
全部をちゃんと見てはいない、というニュアンスがあります。


I glimpsed a figure at the window.
窓のところに人影がちらりと見えた。



ちなみにglimpseはそのまま名詞にもなりますので、
catch a glimpse of~というような表現もよく使われます。


glance


glanceも「ちらりと見る」という意味ですが、glimpseが意図せずに
ちらりと見えたのに対して、glanceは自発的にちらりと見る場合に使われます。

He glanced nervously at his watch.
彼はいらいらしながら時計をちらりと見た。




peer


peerは注意深く観察するようにじっと見るイメージです。

He was peering through the wet windscreen at the cars ahead.
彼は濡れたフロントガラス越しに前の車たちを見た。



gape


gapeはぽかんと口をあけてじっと見ているイメージです。

They gaped at the huge kite.
彼らはぽかんと口を開けて大凧に見とれていました。




glare


glareはまさに「睨みつける」という訳がぴったりの動詞です。
怒りや避難の感情を伴っていて、攻撃的な動詞です。

He glared at me with rage.
彼は激怒しながら私を睨みつけた。




ogle


ogleは女性を性的にいやらしい眼で見る、という意味の動詞です。

単語集や日本語の辞書には「色目を使う」とか「物色する」とあるのですが、
Longmanなどの英英辞典で確認すると、性的対象として見る、という意味のみで
基本的に悪い意味でしか使わないようです。


I didn't like the way he was ogling me.
彼が私をいやらしく見ていたやり方が好きではなかった。
(=彼のいやらしい視線がいやだった)



※2014/7/31 追記
こちらの言葉について念のためにネイティブに確認しましたが、
やはりこのogleという言葉は異性を性的対象としてじろじろ見る、という意味しかないようです。

「色目を使う」というと「誘う」「誘惑する」という意味を含みますが、
特にそういう意味はない、とのことでした。

また、ogleという単語は英語圏の人なら誰でも知っているけど、
ネガティブな意味しかない言葉だから、実際に使うことはほとんどない、ということです。



「見る」という動詞のまとめ


数が多いので一度読んだだけではちょっと混乱しそうですが、
まとめとしては以下のようになります。


・look:視界を向ける
・see:知覚する、認識する。「見る」という意味では自然と視界に入るようなイメージ
・watch:動いているものを自分から意識を向けて見る。
・stare:凝視する。(ネガティブ)
・gaze:長いこと見つめる。(単語自体はネガティブではない)
・glimpse:ちらりと見える(自発的ではない)
・glance:ちらりと見る(自発的)
・peer:注意深く観察するようにじっと見る
・gape:ぽかんと口を開けてみている。
・glare:睨みつける。
・ogle:女性を性的な目で見る。



英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク