英語の発音

はてなブックマーク

おそらく、英語を学ぶ上で、多くの日本人がつまづくもの、
自信がないものの一つに英語の発音があるかと思います。


私自身も、今となっては外国人にしては抜群にきれいな発音だと
言われるようになりましたが、高校までは典型的なカタカナ英語でしたし、
「sea」と「she」の発音の区別がついていないくらいひどいものでした。


ですが、英語の発音は年齢を重ねてからでも遅すぎるということはありませんし、
個人的な実感としては、発音は努力次第で誰でも矯正することが可能であるということです。


今回は英語の発音について、私なりの考えを書きたいと思います。

スポンサーリンク



どの程度、正確な発音が必要なのか



まず気になるのはどの程度、発音ができればよいのでしょうか。

これは答えは簡単です。


ネイティブが普通に理解できるくらい」です。



もちろん、ネイティブ並みにきれいな発音ができれば
非常にすばらしいことだと思いますが、それには
実際にはかなりの努力が必要になると思います。

だから、ある程度の発音ができるようになったら、
より完璧な発音を目指す労力を文法の勉強や音読、会話の練習など
別のことに向けたほうがよいのではないか、というのが私の考えです。


また、これはよく言われることなのですが
日本語の発音の単純さは世界トップレベルです。

英語に限らず、フランス語やドイツ語、中国語、韓国語などと比べても
日本語の音韻はきわめて単純です。

対して、英語は同じラテン語系のフランス語やドイツ語に比べても、
文法的には単純な部類に入りますが、発音はむしろ
そこそこ難しい部類に入るのではないかと思います。


つまり、発音の極めて簡単な日本語に最適化された耳をもつ我々、日本人が
複雑な部類にはいる英語の発音を完璧にマスターしようとすると
膨大な時間と労力がかかるということです。


あなたが英語学習の目標をどこにおいているかでも異なってきますし、
もしあなたがハリウッドの映画俳優になりたいのであれば、
英語の発音は完璧であってしかるべきだと思いますが、
単に英語でコミュニケーションが取れるようになりたい、ということであれば
とりあえずはネイティブがわかるくらいの発音を目指すベキだと思います。


それよりも、そのくらいの発音をマスターしたら
より中身のある会話をできるように別の勉強や練習をすべきだ、というのが私の考えです。



どのようにして英語の発音を身につけたらいいか


まず間違いないのはどこぞの教材が売り文句にしているように、
ただ英語を聞き流しだけではいくら時間をかけても
まったくといっていいほど上達しないということです。



私自身がその証拠です(笑)


高校生のころ、そのような勉強をしたこともありましたが、
今思えばほとんど意味がなかったように思います。




また、速聴も発音に限らず、英語学習の方法としてはよく見かけますが、
実践したことがないので、今回は言及しません。
(正直、あまり効果がありそうな気がしないので試す気もしません)


では、どのようにして英語の発音を身につけたらよいか。



それは、理屈で覚えるということです。

まずは発音の本を一冊買ってきて、英語にはどのような発音があって、
口の形はこれこれこうで、舌の位置はこうなる、という解説を見て
それぞれどのように発声されているのかを理屈で覚えます。



上記でもあげたように、日本人の大人が耳だけで英語を覚えるのは
すでに日本語の音に最適化されてしまっていて無理があると思います。

ですので、どのようになっているのかが解説されている本で
理屈で覚えるのが一番の近道になります。



舌の形と、どこからどうやって息を出すのかなどを理解し、
CDを聞きながら真似すれば自然とかなり近い音が出せるはずです。

そうしたら、今度は単語や英文を読む際に、それを意識しながら発音してみます。
(たいていの発音のテキストにはそういう練習用の英文も載っていると思います)


不思議なもので自分で発音できるようになった音は
人の発音した音でも、比較的簡単に区別できるようになります。



私も最初はこうやってそれぞれの発音を覚えました。

一度覚えてしまえば、後は何を勉強するにしても
それらの発音を使いますので、忘れることはあまりないですし、
特に発音の勉強をしなくても徐々にブラッシュアップされていきます。


このようにして一度、発音の知識をもっておけば、
英語を読んだり書いたりする時も、常に発音を意識するようになりますので、
特に発音の勉強をしなくても徐々によい発音が身に付いてくるかと思います。




英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク