英語のリスニングとディクテーション

はてなブックマーク

英語のリスニングとディクテーションについてです。

ある程度、英語が理解できるようになったら音読と合わせて、
リスニングを行っていきます。

スポンサーリンク



継続は力なり


基本的に私の場合、「英単語」と「英文法」については短期決戦というか、
短期間でまとめて覚えてしまう方法を推奨しているのですが、
それに対して、音読とリスニングはとにかく継続することが重要ではないかと思います。


もちろん、効率のよい方法というかコツのようなものもありますし、
基本的なポイントをはずすといくらやってもわからない、ということに
なってしまうのですが、いくら重要なポイントをおさえていたとしても
音読とリスニングが効果が出てくるまでにはそれなりに時間がかかります。

ですから、まずは楽しく、とにかくあきらめずに継続することが重要なのです。


最初は毎日、英語を聞くのはちょっときついと思うのですが、
ある程度、習慣化することができれば簡単に継続できるようになっていきます。


どちらかというと、気持ちの問題ですが、時間がかかるんだということは
ぜひとも気に留めて頂いて、気軽な気持ちで毎日、トライして頂ければと思います。


読んでわかるレベルの英文をリスニングする


基本的にリスニングは英単語、文法ともに読んでわかる
レベルのものを素材として利用すべきです。

なぜなら、子供は耳から言語を吸収しますし、わからない単語が
あっても、周りの大人たちが教えてくれます。


それに対して、大人になってから英語を学ぼうという我々日本人の場合、
わからない単語や言い回しがあっても基本的に誰も教えてくれません。

そもそも我々日本人の耳や口、骨格は日本語の音に最適化されていますので、
ある程度、勉強や練習をしないと正確な発音を真似することもできませんし、
調べようにも綴りがわからないことも多いので、
リスニングから英単語、英文法を学ぶのはかなり無理があります。


ですので、読んでわからないものをリスニングするのは
非常に効率が悪い勉強法になってしまいます。


ある程度、高いレベルになったらリスニングでたまに出てくる
わからない単語を書かれている文章を見て調べる、という方法でも
よいと思いますが、その方法で効率的に勉強できるようになるのは、
語彙力、リスニング力ともに高いレベルに到達してからです。


後は、やはり毎日はできなくてもコツコツと続けることが大事ですので、
読めば楽に理解できるもので、楽しめる題材を選ぶことが重要ではないかと思います。


念のためですが、単語集に付属の音声などのように
単語や文法を覚える補佐的な役割として、
英語の音声を使う場合はありだと思います。

それはどちらかというと、ここで言うリスニングというよりは
単語や文法を覚える際に、音を一緒に確認するための
音声になりますので、とりあえずここでは省きます。


リスニングとディクテーション


リスニングの勉強法の一つにディクテーションという勉強法があります。

ディクテーションとは、聞いた英語をそのまま紙やPCに
移していく勉強法のことで、より細かく何度も同じ英文を聞くのが特徴です。


英語を普通に聞くのとディクテーションするのはどちらも重要だと思うのですが、
個人的には英語をただ聞くこととディクテーションは分けて考えるべきです。


ですので、以後の説明では特に説明がない限りは
ディクテーションのような書きとりは行わずに
ひたすら英語を聞く作業をリスニングと呼びます。


リスニングとディクテーションの重要度


それでは、リスニングとディクテーションの
どちらを重視して勉強していけばよいのでしょうか?


答えは「どちらも」です。

ただし、最初はディクテーションを重視していくべきだと思います。


ただ、正直、ディクテーションは結構、疲れるので、
嫌にならない程度に勉強することをオススメします。
(音読なども並行して行いますし、個人的には一日30分~1時間もあれば十分かと)



そもそもリスニングとディクテーションでは目的が異なります。

まず、ディクテーションは一つひとつの音を何回も聞いて、
一つひとつの単語を書き出していきます。
つまり、英語のそれぞれの音を細かく聞く練習となります。


それに対して、リスニングの目的はある程度の長さの文章、または文を聞いて、
全体として何を言っているのかを把握するための練習である、ということです。
つまり、英語の細かい音を聞き取る練習というよりは、
全体として何を言っているのかを聞き取る練習となります。

これは例えば、聞き取れなかった単語を前後の文脈から
推測する、なども含みます。


つまり、リーディングでいえば辞書を引きながら
精読するのにあたるのが「ディクテーション」、
通常の読書、あるいは速読にあたるのが「リスニング」です。


この二つはどちらかだけを重視するというよりは、どちらも並行して
両輪として機能させるのが一番効果的ではないかと思います。


ただ、最初はリスニングしても聞き取れない単語だらけになりやすいので、

・最初はディクテーションを中心に
・ある程度聞き取れるようになったら、リスニングを中心に


していくとよいのではないかと思います。


そして、ディクテーションができるようになってきたら、
徐々にリスニング中心に切り替えていきます。

ある程度のレベルにいくと、どうしても次のブレークスルーのために
量をこなす必要がありますが、そのためにはディクテーションよりも
リスニングのほうが適しているからです。


ディクテーションの勉強法


ディクテーションですることと言えば、英語の音声を聞いて、
聞き取った内容を紙に書き出していくことです。

何回か聞いて紙に書き出していったら、それが正しかったかどうかを
実際に書かれた文章と照らし合わせます。

どうしても聞き取れない個所は空欄にするか、
カタカナでもよいので、どのように聞こえたか
適当に書いておきます。


なんとなく何回も英語を聞いて、紙に書き出すとそれだけで
もう満足というかぐったりしてしまうのですが(笑)
本当に重要なのはここから先です。


それは、実際に書かれた英文と自分の書きだした文章を
照らし合わせるというのは、単なる答え合わせではなく、

・どこをどう間違えたのか。
・どうやったらその間違いを改善できるのか。


ということを分析するための作業になるからです。

例えば、first of all(まずはじめに)という言い回しが
聞き取れずに「ふぁすてボー?」と書いてしまったとしたら、
それは英語の子音と母音のつながりが聞けなかったということになります。


もちろんただ一生懸命、英文を聞いて紙に書き出していくだけでも
十分に英語が聞き取れるようにはなっていくのですが、
この作業をすることによって、あなたの苦手な音や、
どのような個所で聞き間違えるのかが明らかになっていきますので、
より飛躍的にレベルアップしていくことができます。

聞きとりが終わってからの分析がディクテーションでは本当に重要です。


ですので、例えば書かれた文章がない音声だけの教材だと
この分析作業ができなくなってしまいますので、
あまりディクテーション用には向いていません。


リスニングの勉強法


次にリスニングの勉強法になります。

リスニングはただ、ひたすらに英語を聞いていくのですが、
その際に、いくつかポイントがあります。


単語、文法ともに読めばわかる文章を読む。


これは上にも書いた通りです。

基本的にリスニングで単語や文法を覚えていくのは
よほどの天才でなければ無理がありますので、
基本的には読めばわかる英文をリスニングしてください。


ある程度の長さの音声を聞く


基本的にリスニングに使う音声は短文などではなく、
ある程度の長さがあるものがよいでしょう。

なぜなら、リスニングでは単に英語の音を聞く練習ではなく、
全体として何を言っているのかを把握する練習でもありますので、
短い文章ではその練習に適さないからです。


最初は大体、1~2分の短い文章をリスニングしていくと
よいのではないかと思いますが、この辺りは
それぞれの好みだと思いますので、基本的には
あなたの好きな英文でかまわないと思います。


ただ、全体としての文意を把握する練習になるくらいの長さは必要かと思います。


頭から理解することを意識する


後は、リスニングに限らず英語のすべてに言える事ですが、
英語の文章を英語の語順のまま、頭から理解することは
非常に重要な能力です。


特に、リスニングはどんどん音声が進んでいきますので、
英文を行ったり来たりしていたら、確実に頭がついて行かなくなります。

ですので、頭から理解して、英文を戻らないすることを常に意識してください。


細かい個々の英単語よりも、全体として何を言っているのかを理解する


リスニングの場合、細かい個々の単語の聞き取りもそれなりに重要ですが、
全体として何を言っているのかのほうがもっと重要です。


実際の会話では、どんなに英語に熟達しても聞き逃してしまったり、
聞き取れなかったりすることもありますし(日本語でもありますよね?)
一語、聞き逃しただけで全部がわからなくなるようでは実践的ではありません。


ですので、あまり個々の単語にとらわれることなく、
全体として何を言っているのかをつかむようにしてください。


リスニングとディクテーションのまとめ


長くなってしまいましたが、最後にまとめます。

・まずは継続するために楽しく続ける。
・読んでわかる英文を題材にする。
・リスニングとディクテーションは分けて考える。
・最初はディクテーション中心に、徐々にリスニング中心に切り替えていく。

・ディクテーションでは書きとりが終わってからの分析が重要。
・リスニングはある程度まとまった長さの文章を頭から理解するようにする。
 全体として何を言っているのかを理解するようにする。


とにかくリスニングは継続が大事ですので、
毎日、楽しく勉強するようにしてください :)

英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク