英英辞書と洋書の単語、語彙本について

はてなブックマーク

よく言われることではありますが、ある程度、英語ができるようになったら
是非とも挑戦して欲しいこととして「英英辞典」と「洋書の単語集」です。

ただし、私自身は英英辞典や洋書での勉強に特段、こだわる必要はないと思っています。
基本的には英語だけでほぼばっちり理解できるくらいのレベルにならないと、
英語だけの勉強では効率が悪すぎるからです。

基本的に英英辞典は万人が手を出すもの、というよりは
英英辞典の解説がほぼわかるくらいの英語力がついた人でないと
効率の点でオススメできないものなのではないかと思っています。


ここでは英語で英単語を増やしていくことの是非についてお話したいと思います。

スポンサーリンク



英英辞典と洋書がオススメなのはどんな人か


英英辞典を使うことの是非について一番よく聞くのが、
「英語の思考回路」を育てる、と言った趣旨のことなのですが、
個人的にはこの理由は正直、的外れではないかと思っています。

なぜなら、英語の思考法が出来ていないと、またある程度の英語力がないと、
英英辞典はそもそも効率が悪すぎるからです。


そして、英英辞典の説明の文章は英語の思考法を一から身につけるには短すぎると思います。
(あくまで「一から」です。前から訳さずに理解する、とかそういう話です)

英語学習系の洋書については、そもそもそのレベルだと読むこと自体がきついです。




したがって英語の下地が出来ていない人が英英辞典を使ったところで、
効率も悪く、英語の思考法が身につくことは多分、ありません。


したがって、英英辞典や洋書での英語学習はある程度、
英語の思考法、英語の考え方等の基礎ができてから、というのが私の考えです。

英語の思考法、英語の考え方はそれ用の訓練というか、勉強で身につけるべきものであって、
英英辞典や洋書は、すでに身に付けた基礎的な英語力をベースに
より高度で確かな英語力を身につけるために活用すべきではないかと考えます。


たしかに英英辞典の文章は英和辞典の解説よりも細かい意味まで書かれているため、
はるかに正確に理解できると思いますが、最近では日本語でそういったことが
かかれている本も出てきていますし、細かいニュアンスを身につけるにしても
まずは語彙量が不足していると何とも険しい道になるかと思います。

そういう意味では英英辞典は英語の思考法を身につけるのによいのですが、
少なくともgo/comeの違いや、take/bringの違いなど、英語の基本的な感覚や、
前から読み返さずに英語を読み進める感覚などは英英辞典より前の話ですし、
これらの知識はかなり初期の段階で正確に理解する必要があるものです。


したがって、英語での説明ではなんとなくわかったようなわからないような気分になるのであれば、
むしろ日本語を併用しながら、しっかりと理解したほうがいいと思います。



また、逆に英語だけの解説でも大体、理解できるくらいのレベルになったら、
英英辞典や洋書での英語学習を行うことで英語力そのものや
表現力、知識が爆発的に増えていくようになります。



英英辞典(に限らず辞書)は電子辞書、オンラインで


私自身は英英辞典は基本的に電子辞書かオンラインを利用しています。
ここは人によって意見が分かれるところだと思います。

私自身は、紙の英英辞典も持っているのですが、
現在はほぼipadでネット上の英英辞典を参照しています。


なぜならそれが一番、効率がいいからです。

時間が潤沢にあるのであれば、関連情報などが自然と目に入ってくる紙の辞書もいいと思うのですが、
社会人になると英語の勉強に使える時間はどうしても限られてきます。

辞書の場合、いろんな単語を何回もひかなければならないため、
紙の辞書では単語を探すのにとても時間がかかってしまいますし、
私のようなめんどくさがり屋だと、だんだん億劫になってくるんですよね(苦笑)


私自身はわからない単語などに遭遇した時はすぐに、何回でも辞書をひくべきだと思います。

多くの人が勧める、わからない英単語は文脈から推測、というのは
外国語の場合、長い目で見たら効率が悪いですし、基本的に無理ですので。。
(いいかげんな憶測で記憶するくらいならきれいさっぱり忘れてしまったほうがいいです)


したがって、試験の為の勉強や、膨大な英語を読まなければならないなどであればともかく、
英語の勉強として洋書や英文を読んでいる場合、わからない単語などは極力、
すぐに辞書をひくべきですので、気軽に何回でもひけるオンライン辞書が個人的にはオススメです。



洋書や単語集は紙の書籍で


逆に洋書や単語集などは基本的に昔ながらの紙の書籍がオススメです。

というのは、辞書の場合は基本的に単語単位で検索するのですが、
通常の書籍の場合、Kindleのような電子書籍では何度もページを移動するには不便すぎるからです。


ここも好みの問題だとは思うのですが、何度も言ったり来たりする、線を引いたり、
メモを書いたり、付箋をはったりする、などの用途を考えると辞書以外の書籍は基本的に私は紙派です。



まとめ


話があちこちにそれてしまいましたが、ここで私が一番、言いたかったことは


「洋書や英英辞典など、英語だけの勉強に傾倒しすぎる必要はない」


ということです。

もちろん、洋書や英英辞典での勉強自体は、ぜひともやるべきなのですが、
まずは英検2〜準1級くらいのレベルまでは日本語で解説されている参考書を
中心に勉強するのでかまわないと思うのです。

その方が、日本人にわかりやすい解説になっていると思いますし。

日本語で書かれた参考書などで勉強する合間に、好きな洋書を読むくらいでも十分ではないかと思います。



逆に、英検準1級 〜 1級以降のレベルになったら、英語の基礎や基本的な文法は
大体、網羅できているはずですので、徐々に語彙やコロケーションを覚えたり、
大量の英語に触れたりするのが勉強の中心になってくると思います。

このくらいになると、英字新聞などの他にも、英語圏で使われている教科書なども多いに勉強になると思います。




英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク