英会話練習の基本~どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

はてなブックマーク

英会話の練習としてすっかり市民権を得た感のある「瞬間英作文」。

ここではそんな瞬間英作文の練習本としてベストセラーになった
森沢洋介氏の「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」をレビューしたいと思います。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

スポンサーリンク



瞬間英作文の書籍にはどのようなものがあるか


森沢洋介氏は「英語上達完全マップ」という本の中で、
「瞬間英作文」「音読パッケージ」という、
ユニークな名前の勉強法を紹介しています。

というより、ひとつひとつの方法自体はそれほど目新しいものではなく、
それ自体は比較的、王道の勉強法なのですが、それぞれに
うまくいくやり方を解説した上で個別に独自の名前をつけて
うまく体系化した、という印象です。



そのいくつか紹介されている勉強法の中でも最も有名なのが、
「瞬間英作文」という勉強法です。

瞬間英作文については瞬間英作文とパターンプラクティスでも取り上げていますので、
そちらも参考にしてみていただければと思いますが、簡単に言うと、
日本語訳を見て、口頭で即座に英語に直す勉強法、というより
会話の練習法のことを言います。


たとえば、本や音声などで、「私は大学生です」という文章を見て、
それを口頭で「I am a college student.」と即座に言えるように
練習する、というような勉強法のことです。


最初にこの勉強法に「瞬間英作文」という名前をつけて紹介し始めたのが
森沢氏なのですが、その後、この本がベストセラーになるにおよんで、
似たような本が数多く出版されるようになりました。
(森沢氏以外の本で「瞬間英作文」とはっきり書いてあるものは少ないですが、
 構成があきらかにそれを意識した書籍はたくさんあります)

ですので、最初に「瞬間英作文」ということを言い出したのは森沢氏なのですが、
今では「瞬間英作文」の本を探そうとすれば、森沢氏以外にも
瞬間英作文向けの本が数多く見つかると思います。


したがって、今では森沢氏以外にも「瞬間英作文」の書籍は
数多くある、ということを踏まえてレビューしたいと思います。



森沢洋介氏の瞬間英作文の書籍


森沢洋介氏の瞬間英作文の本としては
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング以外にも以下のようなものがあります。


おかわり!どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング
ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス


私が持っているのはこれくらいですが、この他にも
類似の書籍をいろいろと出されているようですので、
探せばこれ以外でも見つかると思います。


ただ、私個人の意見ですが、森沢洋介氏の瞬間英作文の本は
どんどん話すための瞬間英作文トレーニングのみで
十分なのではないかと思います。


森沢氏の瞬間英作文の書籍の特徴としては以下のような点が挙げられます。

・ものすごく直訳風で日本人にとってわかりやすい代わりに英語としては不自然なものも多い。
・語彙がやさしく、CDの英文のスピードも遅め。
・文法で体系化されていて、その順序が中学、高校の英語のカリキュラムに近い。




一言で言うと「瞬間英作文の初心者向け」ということです。
(いい意味でも悪い意味でも、です)



特に日本語⇒英語に瞬間英作文していく際の日本語訳が直訳風、というのが大きいです。

そのために英語が若干、不自然なものになっているパターンも
多いのですが、個人的には、最初は英語が若干、不自然でも
直訳風になっていたほうがいいかと思います。

なぜなら、瞬間英作文の一番の目的は、文法に沿った英語を瞬時に話せるようにすることだからです。


逆にこれがある程度、意訳されていたりすると日本語から英語に直す際に
迷ってしまったり、ぜんぜん違う訳になってしまったりします。

ある程度、英語を深く理解しているのであれば、
自分の文が正しいのかどうか判別できるでしょうが、
初心者だと掲載されている文章と自分の文章がぜんぜん違った場合に、
どう判断していいか迷ってしまうこともあるかと思います。

そういう意味では、最初は多少、不自然な英語でも
直訳風のほうが瞬間英作文としての効果は大きいです。


ただ、逆に言えば、これ一冊で基本的な文法は網羅していますし、
直訳風の不自然な英語はこれ一冊で十分です。

これ一冊で、文法的に正しい英語をしゃべれるようになったら
二冊目以降は、より自然な英語を練習していくべきだと思います。


また、逆に言えば、この本は瞬間英作文の最初の一冊としては適切ですが、
すでに瞬間英作文を何冊かこなしている人がとる本ではない、ということです。

ですので、個人的には最初の一冊に「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を
手に取ったら、後は他の本で瞬間英作文の練習をするのがよいと思います。


この本の使い方


この本の最初でも、勉強のやり方の説明に数十ページを割いています。
ですので、基本的にそれに沿って勉強すればいいかと思いますが、
一応、簡単に勉強の仕方を紹介しておきます。



まず、この本は左側に日本語訳、右側に英文、という構成になっています。

そこで、まずは右側を隠して左側の日本語訳を見ながら、
口頭で英文に直していく、という作業をします。

「過去形」「受動態」など1つの文法項目で1ページになっており、
大体、1ページで10個くらいの英文がありますので、
1つずつ、日本語文を見て、口頭で英語に直していきます。

直したら、英文が正しかったかどうか確認します。



これが基本の流れになります。


さらに、ここからが重要ですが、1ページごとに終わってから
再度、何回か音読し直します。

英語に限らず、どのような勉強法にも言えることだと思いますが、
一度、問題を解き終わったらそこで満足せずにすぐに復習をすることで、
勉強したことや知らなかったこと、できなかったことを頭に定着させることができます。

数分のちょっとした復習が1年後、2年後の結果を
まったく違うものにしてしまいますので、
面倒くさがらずに復習することを習慣にしてしまいましょう。



ここまでの流れをまとめると以下のようになります。

1.日本語訳⇒英語に口頭で瞬間英作文
2.1ページごとに再度、英文を音読する


まずは、この繰り返しで一冊分を丸々、終わらせます。


最低でも三周は繰り返す


まず、上記の流れで一度、この本を最後まで終えたら、
再度、最初に戻って同じ流れを繰り返します。

最初はできなかった瞬間英作文も、二周目になるころには
かなりできるようになっていると思います。


非常に面倒に感じるかも知れませんが、
ここでも復習をするかどうかで勉強の定着度が変わってきますので、
できるだけ楽しんで勉強するようにしましょう。



最初は大変だと思いますが、慣れれば延べ数時間程度で
一冊分を終わらせられるようになるかと思います。


苦痛に思ってしまうと、集中力も落ちて勉強の効果が薄れてきますので、
こればかりをするのではなく、他の勉強とも並行して進めるのがよいでしょう。

そのあたりは人それぞれだと思いますので、
あなたなりの勉強法を探してみてください。


CDで瞬間英作文


この本に限らず、瞬間英作文の多くの書籍がそうなのですが、
付属のCDでは各例文が「日本語訳⇒英語」の順で録音されており、
日本語と英語の間には、日本語訳の後に自分で
英文をしゃべるための間が設けられています。


ある程度、本で瞬間英作文ができるようになったらCDでも挑戦してみましょう。

基本的には本でやったのと同じように、CDでの日本語訳の後に自分で
英語をしゃべり、そのあとで流れてくる英文を聞いて、
自分の英文が正しかったかどうかを判断します。


こちらは基本的にCDのペースで進むため、つっかえたり油断すると
すぐに英文が流れてしまって、置いていかれてしまうので、
本で瞬間英作文するのに比べるとかなり難しく感じると思います。

また、例えば「1964年は東京で最後にオリンピックが開催された年だ」のような
長い文章だと日本語訳を聞き終わった時点で、
「あれ、何年って言ってたっけ?」みたいに忘れてしまうこともあるかも知れません。
(私だけかも知れませんが、、、)


このように、CDでの瞬間英作文は書籍での瞬間英作文に比べると難易度は高めだと思います。

ただ、ipodなどに入れておけば、通勤、通学の時にも気軽に復習ができますし、
2時間程度で一冊分の瞬間英作文が復習できますので、
本での瞬間英作文が終わったら是非とも試してみていただければと思います。


私の場合は瞬間英作文を勉強していたころは、
通勤時には家から最寄りの駅まで往復で一日、一時間ほど歩いていたので
ipodに音声を入れて徒歩の時に声に出して練習していました。
(人がまわりにいたら口パクか心の中で言うだけですが、、)



この本の瞬間英作文でどの程度、話せるようになるか


おそらくあなたが一番、気になることは、この本一冊を終えたら
どの程度、英語を話せるようになるのか、ということだと思います。

まず、結論から言うと、ぺらぺらにはなりませんが
そこそこは正しい英語が自然とでてくるようになります。




それまでのその人のレベルにもよりますが、これ一冊で
まるで日本語のように英語がしゃべれる、ということはありません。



ですが、とっさにしゃべるようなときでも、
It have(正解はhas)とかHe is student.(a が抜けている)のような
基本的な間違いはしなくなると思います。

また、それなりに言いたいことは出てくるようにはなると思います。


つまり、この本での瞬間英作文の一番大きな効果としては
英語がブロークンじゃなくなるということではないかと思います。




これだけでスラスラとしゃべれるようにはなりませんが、
最低限、まともな英語をしゃべれるようになるためには、
まず、この本で瞬間英作文をするのがよいでしょう。


というのが私の総評です。


まず、瞬間英作文で何か一冊やってみたい、という人に一番オススメする参考書です。


どんどん話すための瞬間英作文トレーニング



英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク