現在分詞の3つの用法(現在進行形、形容詞、分詞構文)

はてなブックマーク

現在分詞とは、~ingの形で形容詞、または副詞的な役割をする構文のことです。

同じ~ingで名詞の役割をする形式を動名詞といいますが、形が同じでも現在分詞と動名詞は別物です。
動名詞についてはto不定詞と動名詞の違いの解説を参考にしてください。

スポンサーリンク



現在分詞の3つの用法とは


現在分詞の3つの用法とは以下の三種類です。


1.進行形としての現在分詞
2.形容詞としての現在分詞
3.分詞構文としての現在分詞(副詞的)


順番に説明していきます。


進行形としての現在分詞


一番、簡単なのは現在進行形ですが、過去進行形、未来進行形なども含みます。

これらはすべて(さまざまな時制の)be動詞とともに用いられます。


I am taking a shower now.
私は今、シャワーを浴びています。(現在進行形)

I was taking a shower then.
私はその時、シャワーを浴びていました。(過去進行形)

I will be taking a shower this time tomorrow.
私は明日のこの時間、シャワーを浴びているでしょう。(未来進行形)

I've been working here for 7 years.
私は7年間、ここで働いています。(現在完了形+進行形)

I had been watching TV for 3 hours when my mother came back last night.
昨夜、母が帰ってきた時には、私は3時間、TVを見続けていた。(過去完了形+進行形)

I will have been working here for 10 years next year.
来年でここで働いて10年になる。(未来完了形+進行形)



未来完了形+進行形などは、実際の会話ではあまり用いられない時制ですが、
現在分詞が進行形とともに用いられるパターンとしてはこの6パターンがあります。

いずれもbe動詞の時制が変わっているだけで、現在分詞(~ing)部分は同じことに注意してください。


このように、さまざまな時制のbe動詞と現在分詞を合わせて進行形が作り出されます。


形容詞としての現在分詞


現在分詞はしばしば、形容詞としての働きをします。

多くの場合は「~している」という意味になりますが、基本的には
形容される名詞がその現在分詞になった動詞の主語になります。



I see some walking people.
歩いている人が何人か見えます。

The car driving ahead of me skidded and turned over.
前を走っていた車が滑って転倒しました。



前者ではwalkingしているのはpeopleで、後者ではdrivingしているのはThe carです。
いずれも、形容詞としての現在分詞で形容される名詞が主語になっています。

また、例文のように、現在分詞では一語だけの場合、通常の形容詞と同じく名詞の前にきますが、
現在分詞に続く文章がある場合、形容する名詞の後ろにきます。



また、これは進行形との境目が微妙なのですが、直接、名詞にくっついて形容詞となるほかに
補語として形容詞になる場合もあります。(第三文型のSVC、第五文型のSVOC)


The movie was exciting.
その映画は面白かった。(第三文型の補語)

I found the movie very exciting.
その映画がとても面白いことを発見した。(第五文型の補語)



この場合も、現在分詞は形容詞としての役割を果たしています。
(多くの単語集にはexcitingで「興奮させる」(形容詞)と書いてあると思いますが、
 exciteで「興奮させる」という意味なので、excitingは現在分詞です)


また、この場合の現在分詞は基本的に形容詞なので、通常の形容詞同様、
theを前につけて「~な人々」という意味で使われる場合もあります。

この場合、集合名詞となり複数扱いになります。


The dying were sent to the hospital.
瀕死の人々が病院へ運び込まれた。




分詞構文としての現在分詞


最後に、現在分詞は分詞構文という形の文章を取ることができます。
書き言葉で特に多いですが、話し言葉でもそれなりに使われます。


Taking a shower, I was thinking of her.
シャワーを浴びながら、私は彼女のことを考えていた。



分詞構文は文章の前後において、通常、コンマ区切りでつなげられます。

分詞構文には現在分詞と過去分詞のどちらかが使われますが、
「分詞構文の動詞が能動的な動作」の場合に現在分詞が使われます。

なお、逆に動詞が受け身の時には過去分詞が使われます。(過去分詞は別の機会にまとめます)


分詞構文が使われるのは、以下のような場合です。


1.~の時、~しながら、同時に起こっている(when、while)
2.仮定、条件(if)
3.理由(as、because)
4.譲歩(though)
5.結果、説明(and)
6.慣用表現



主語は「with + 主語 + ~ing」で表現できますが(後述)
省略された場合、メインの文と同じ主語になります。


なので、以下の2つの英文は同じことを言っています。

When I took a shower, I was thinking of her.
Taking a shower, I was thinking of her.
シャワーを浴びながら、私は彼女のことを考えていた。




先の用法にしたがって、いくつか現在分詞の分詞構文の用例を挙げてみます。


He entered the room, laughing loudly.
彼は大声で笑いながら部屋へはいってきた。(1.~しながら)

Not getting up by seven, you'll miss the plane.
7時までに起きなければ、飛行機に遅れてしまう。(2.条件)

Having studied so hard, you passed the entrance exam.
それだけ頑張ったので、あなたは入学試験に合格したのです。(3.理由)

The plane blew up and plunged into the ocean,killing all the people on board.
飛行機は爆発して海へ墜落した。そして、すべての乗客は死亡した。(5.結果、killing=and killed)

Frankly speaking, I don't feel like eating curry.
率直に言って、私はカレーを食べる気分ではない。(6.慣用表現)



このように、現在分詞の分詞構文はさまざまな場合で使われます。


主語が異なる場合の分詞構文


通常、分詞構文の主語はメインの文と同じ主語なのですが、
「with + 主語 + ~ing」とすることで変えることができます。


With her mother not looking at her, she crept out.
母親が見ていない間に、彼女は抜け出した。



ただ、基本的な構文ではありますが、実際の会話で聞くことは少ないような気がします。



現在分詞に関するまとめ


以上が現在分子の3種類の用法です。

1.進行形としての用法
 ・進行形ではさまざまな時制のbe動詞とともに用いられる。

2.形容詞としての用法
 ・一語では名詞の前、文章で名詞の後に付く。
 ・補語になる。
 ・通常の形容詞同様、「the + 現在分詞」で集合名詞になる。

3.分詞構文としての用法
 ・通常の文章の前後にコンマでつないで、分詞構文になる。
 ・「分詞構文の動詞が能動的な動作」の場合に現在分詞が使われる。


以下、例文をまとめておきます。

1.進行形としての用法


I am taking a shower now.
私は今、シャワーを浴びています。(現在進行形)

I was taking a shower then.
私はその時、シャワーを浴びていました。(過去進行形)

I will be taking a shower this time tomorrow.
私は明日のこの時間、シャワーを浴びているでしょう。(未来進行形)

I've been working here for 7 years.
私は7年間、ここで働いています。(現在完了形+進行形)

I had been watching TV for 3 hours when my mother came back last night.
昨夜、母が帰ってきた時には、私は3時間、TVを見続けていた。(過去完了形+進行形)

I will have been working here for 10 years next year.
来年でここで働いて10年になる。(未来完了形+進行形)



2.形容詞としての用法


I see some walking people.
歩いている人が何人か見えます。

The car driving ahead of me skidded and turned over.
前を走っていた車が滑って転倒しました。

The movie was exciting.
その映画は面白かった。(第三文型の補語)

I found the movie very exciting.
その映画がとても面白いことを発見した。(第五文型の補語)

The dying were sent to the hospital.
瀕死の人々が病院へ運び込まれた。



3.分詞構文としての用法


Taking a shower, I was thinking of her.
シャワーを浴びながら、私は彼女のことを考えていた。

He entered the room, laughing loudly.
彼は大声で笑いながら部屋へはいってきた。(1.~しながら)

Not getting up by seven, you'll miss the plane.
7時までに起きなければ、飛行機に遅れてしまう。(2.条件)

Having studied so hard, you passed the entrance exam.
それだけ頑張ったので、あなたは入学試験に合格したのです。(3.理由)

The plane blew up and plunged into the ocean,killing all the people on board.
飛行機は爆発して海へ墜落した。そして、すべての乗客は死亡した。(5.結果、killing=and killed)

Frankly speaking, I don't feel like eating curry.
率直に言って、私はカレーを食べる気分ではない。(6.慣用表現)

With her mother not looking at her, she crept out.
母親が見ていない間に、彼女は抜け出した。




英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク