未来形の使い分け方(will、be going to、現在系)

はてなブックマーク

今回は未来形の使い分け方についてです。

スポンサーリンク


通常、私たちは中学校の時に、未来の出来事を表す言い方として、
「will」と「be going to」という2つの表現を教わるかと思います。

1.I will go with you.
いっしょにいくよ。

2.I'm going to attend the conference.
会議に参加する予定です。



さらには、なぜか学校ではあまり教わらないのですが、
(主にすぐ先の)未来を示す表現として、
現在進行形を使うこともできます。


3.She is coming soon.
彼女はすぐに来るよ。



ですが、実はこの3つの表現には明確な違いがあります。

will/wouldの使い方


実はwillは元々、未来の出来事を示すための言い方ではありません。
その証拠に、willやその過去形のwouldをつかって
以下のような言い方をすることもできます。

Time and tide will stop for no man.
時間と潮の流れは誰も待たないものだ。(=歳月人をまたず。)

I would skip my classes and browse around Shinjuku.
よく授業をさぼって新宿をうろついたものだよ。

Will you please bring me a glass of water.
水を一杯持ってきて頂けませんか?




いずれも未来に関する言い方とはかなり異なっています。

ではwillとは何でしょうか?



結論を言ってしまうと、極めて抽象的な言い方ですが
willとは「何かを動かす力」を示す助動詞です。
ここから転じて、「意思」や「法則」の意味を持ちます。

そう考えると、先にあげた未来ではないwillの例文は
いずれも、なんとなく外的な法則や意思の力によって
動かされている感じがしないでしょうか?


Time and tide will stop for no man.
時間と潮の流れは誰も待たないものだ。(=歳月人をまたず。)
⇒ 「~するものだ」という強い法則

I would skip my classes and browse around Shinjuku.
よく授業をさぼって新宿をうろついたものだよ。
⇒ 「~するものだ」という習慣の過去形

Will you please bring the glass of water.
水を一杯持ってきて頂けませんか?
⇒ 「~してもらえないか」という意思の疑問形



このwillの定義を踏まえると、未来を表す場合の
willの定義もなんとなく納得がいくかと思います。


それは、その場で意思を動かされた、という感覚がつよく働いています。
(だから、大体の場合、willはその場で決めたことを言うときに使われることが多いです)

先に例文に出した「I will go with you.」以外にも
以下のように、(予め予定していたわけではなく)
比較的、短い時間の中での決定事項に使われます。


・I'll be right there.
 (すぐ行きます)

・It's raining, so I'll take a taxi.
 (雨が降っているからタクシーで行くよ)

・I'll have a cold coffee, please.
 (冷たいコーヒーが飲みたいです)



以上がwillの簡単なイメージです。


be going to の使い方


次に「be going to」です。

これは見てわかるとおり、文法的には普通の現在進行形です。



つまり、今、「going」しているのです。


ちなみに続く動詞がgoの場合、「be going to go~」が
そのまま「be going~」と続くこともあります。
(というよりそっちのほうが普通です)


これは今、決めたことではなく、すでにto~から
先の文が示す動作に向かっていることを意味します。


つまり、「will」が今、何かに動かされて突発的に決めた事に対し、
「be going to」は今、向かっている途中であり、
予め予定されていた物事に使われる言い回しになります。

・I'm going abroad in this vacation.
 (この休みは海外に行く予定なんです)

・Our train is going to leave at 9:30.
 (この電車は9時30分に出発します)

・We're going to have dinner with Smith today.
 (今日はスミスさんと食事する予定です)

・The weather forecast said it is going to rain.
 (天気予報では今日は雨が降るって言ってたよ)



これがbe going toになります。

つまり、willとbe going toの違いは簡単にまとめると以下のようになります。

・「will」は今、または少し前に決めたばかりのこと。
・「be going to」は元々予定して(されて)いたこと。


なので、例えば、

A:I'm going out for dinner, and you?
夕食を食べにいきますが、あなたは?

B:Sounds good, then I'm going too.
いいですね、それでは私も行く予定です。


という会話はおかしいわけです。

正解は「then I'll go with you.」(では一緒に行きます)です。




実はwill/be going toの説明で上げた例文は、
いずれも上記の例文同様にwill/be going toを
入れ替えることのできない文章になっています。



この2つの違いはなんとなくわかって頂けたでしょうか。



すぐ先の未来を表す現在進行形


さて、後はもう一つ。
単純な現在進行形が未来を表す場合です。

これはすぐ先の未来を示す場合など、
その直接の動作をイメージしている時に使われます。



・She is coming soon.
 彼女はすぐに来るよ。

・I'm coming back soon.
 すぐに戻ります。



あまりいい例文が思いつかないので似たような例文で恐縮ですが、
これらはいずれも5~10分程度の未来を示していますが、
現在進行形には、まさに「来ている」という
リアルなイメージを伴うからではないかと思います。


つまり、この文章を話している人、およびそれを聞いている人の間では、
「すぐに来る」「すぐに戻ってくる」出来事に関して、
まさに今、目の前でまさに起ころうとしている
イメージを共有しているのです。

上記の2つの例文はいずれもwillに置き換えることができますが、
「She will come soon.」に比べて「She is coming soon.」のほうが、
すぐに戻ってくるんだなという感じが強くします。


英語の未来形についてのまとめ


さて、いずれも未来に関する表現でしたが、
長くなってしまったので、この3つの使い方をまとめます。


・「will」は今、または少し前に決めたばかりのこと。
・「be going to」は元々予定して(されて)いたこと。
・「~ing」(現在進行形)はこれからすぐに起こること。

このようになります。



英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク