hope、wish、expect、anticipate~期待する(動詞)の英単語の違い

はてなブックマーク

今回は「期待する」という動詞の違いについてです。
以下の4つの動詞の違いについてここでまとめます。

・hope:ある程度、実際にありえる出来事を望む。
・wish:実際にはあり得ないことを願う
・expect:期待する。本人が望むというよりは単にあり得ることや、実現するのが妥当なことに使われる。
・anticipate:こうなると思う。しばしば「備える」という意味を含む。

それではいってみましょう。

スポンサーリンク



hope


hopeは「期待する」というよりは「望む」という意味です。

wishとの最大の違いは、hopeの目的語(こうならないかなと思っている物事)が
実際にありえる、実現可能であることです。

まったく実際にありえないことの場合、hopeではなく、後述のwishを使います。


We were hoping for good weather.
私たちは天候がよくなることを期待していた。

We hope that more women will decide to join the course.
そのコースにより多くの女性が参加を決めてくれることを望んでいる。



wish


wishもhope同様、「望む」という意味ですが、hopeとの最大の違いは
望む対象が実現しそうもないような場合に使われるということです。

基本的には実現しそうもないことなので、wish + 仮定法となります。
(名詞の場合、「wish for + 名詞」)

He wished Emily were with him.
彼はエミリーが一緒だったらいいのに、と願った。



また、wishの場合、ありえないことのほかに幸運的なものを願うという意味もあります。

つまり、wishはありえないことや幸運のような、実現するためには
当人の力だけではなく外部的な力が必要、という感覚のある言葉といえるでしょう。


We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year!
(よい)クリスマスとよい新年を!



expect


まず、expect/anticipateとhope/wishの違いについて。

hope/wishが「望む」「願う」という形で、本人がその結果を望んでいるのに対して、
expect/anticipateには「期待する」という訳語がありますが、
別に本人がその結果を望んでいるわけではありません。

expect/anticipateは単に、実現可能とか、起こりえることだと思っているだけで、
expectしている本人がそれを望んでいるかどうかはわかりません。


・hope/wish:本人がそれを望んでいる。
・expect/anticipate:ありえると思っているだけで、本人が望んでいるかどうかはわからない。



そして、expectは「期待する」という日本語訳とかなり近い語感を持っている英単語です。


まず、単にそうだと思われる、つまり「見込まれる」という意味で使われます。

Emergency repairs were expected to take three weeks.
緊急の修正には三週間かかることが見込まれる。



その他に、日本語での「期待する」という言葉同様、
義務や妥当なことに対して当然そうなると思う、という意味もあります。

The school expects a lot of its students.
その学校は生徒たちに多くのことを期待する。(事実上、要求になっている)



なので、基本的にはexpectする内容が何らかの理由で妥当だと思っている、というニュアンスです。


anticipate


anticipateはexpectの一つの用法である「こうなると思う」という意味に近いですが、
多くの場合、結果に対する備えをほのめかしています。

日本語訳としては「見込んだ上で備える」という感じです。


The schedule isn't final, but we don't anticipate many changes.
スケジュールは最終段階ではないが、変化はあまり見込んではいない。
(変化があったら備えが必要、ということを暗に示している)



hope、wish、expect、anticipateのまとめ


・hope:ある程度、実際にありえる出来事を望む。
・wish:実際にはあり得ないことを願う
・expect:期待する。本人が望むというよりは単にあり得ることや、実現するのが妥当なことに使われる。
・anticipate:こうなると思う。しばしば「備える」という意味を含む。


・hope/wish:本人がそれを望んでいる。
・expect/anticipate:ありえると思っているだけで、本人が望んでいるかどうかはわからない。


このページで取り上げたhope、wish、expect、anticipateの例文をまとめておきますので、
再度、違いを確認してみてください。


We were hoping for good weather.
私たちは天候がよくなることを期待していた。

We hope that more women will decide to join the course.
そのコースにより多くの女性が参加を決めてくれることを望んでいる。

He wished Emily were with him.
彼はエミリーが一緒だったらいいのに、と願った。

We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year!
(よい)クリスマスとよい新年を!

Emergency repairs were expected to take three weeks.
緊急の修正には三週間かかることが見込まれる。

The school expects a lot of its students.
その学校は生徒たちに多くのことを期待する。(事実上、要求になっている)

The schedule isn't final, but we don't anticipate many changes.
スケジュールは最終段階ではないが、変化はあまり見込んではいない。
(変化があったら備えが必要、ということを暗に示している)




英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク