work、job、occupation、career、task、profession、vocation~仕事の英単語の違い

はてなブックマーク

英単語の中には、日本人にとって違いが分かりにくいものが結構あります。


work、job、occupation、career、task、profession、vocationは
いずれも「仕事」という言葉で言い表せますが、それぞれのニュアンスはかなり違います。


簡単に結論をまとめると以下のような感じです。

・work:仕事全般、抽象的(数えられない集合名詞)
・job:誰かがすることを前提とし具体的な仕事に使う(数えられる名詞)
・occupation:「職業」の堅い言い方
・career:人生のかなりの期間での仕事、日本語のキャリアと近い
・task:一つひとつの仕事、日本語のタスクと近い
・profession:専門性の高い職業
・vocation:使命、天職

スポンサーリンク



work


workはこの中ではもっとも一般的な言葉です。


・お金を稼ぐ稼がないを問わない。
・「何かする」という意味の「仕事」や「活動」に近く、かなり意味が広い。


そして、workについて重要なのはそれが不可算名詞である、ということです。

つまり、workは個々別々の仕事というよりは集合的な「仕事」という概念を表します。



I have a lot of work to do today.
今日やらなければいけない仕事がたくさんある。




余談ですが、物理学で、物体が動いた量を「仕事」と言いますが、英語では「work」です。
そこからもworkが数えられない集合的な名詞で、
かつ広い意味での仕事を指す事がわかると思います。

job


jobはworkと違い数えられる名詞で、特定の人がやるべき具体的な仕事のことを言います。

つまり、jobはworkに比べて、それを実行する人を
前提とする意味での「仕事」というニュアンスです。


多くの場合では対価をもらうことを前提とした仕事を指しますが、
それ以外にも、誰かが行った具体的な仕事をjobと言います。
特に、「数えられる」ということがポイントで、
数えられる=具体的な仕事というニュアンスで使われます。


例えば、「あなたの仕事は何ですか?」という時、
通常は"What's your job?"であり、"What's your work?"とは普通言いません。


同様に、履歴書を送ったりして何かの仕事に応募した場合、
通常はapply for a jobといいます。

とにかく、数えられるということと、誰か仕事をする人が
前提されていることがポイントです。


It was the first paid job I ever had.
それは私が初めて給料をもらった仕事だった。





ちなみにjobは対価をもらわない場合でも、数えられる名詞として
「やったこと」「しなければいけないこと」という意味で使われます。


You did a good job!
よくやった!(いい仕事をした!)

Whose job is it?
誰がやったんだ?

That's my job.
それは私がやります。



occupation


occupationは結構、堅めの言い方で、通常の会話ではあまり使いません。

こちらも対価を前提としており、「仕事」というよりは
「職業」と覚えたほうが近いと思います。


May I ask your occupation?
ご職業をお伺いしてもよろしいでしょうか?



career


careerはjobに近いですが、基本的には人生における
非常に長い期間での仕事を前提としております。

基本的には日本語の「キャリア」という言葉のニュアンスで合っています。


He realized that his acting career was over.
彼は俳優としてのキャリアが終わっていることに気がついた。


profession


professionは対価を前提とする職業を指しますが、
基本的に弁護士や医師のような、専門的要素の強い職業に使われます。


I also want to work in such a profession.
私もそんな(専門性のある)職業で働きたいです。

Those who work in the professions can get higher salary.
専門職の強い職業についている人たちはより高い給料をもらえます。


後者はちょっとわかりにくい例ですが、the professionsという言葉で
弁護士や医師のような、まさに専門職の強い職業全般を表しています。



task


taskは職業という意味よりも、「やるべき一つひとつのこと」という意味です。

これは日本でもよく「次のタスクは~」などといいますが、そのイメージで正しいです。


She has the task of preparing the agenda for meetings.
彼女は会議の協議事項を用意する仕事を持っている。


たとえば、彼女の仕事が会議事項を用意する以外にも
あるのかどうかはこの文章だけではわかりません。

彼女の仕事の一つ、というニュアンスです。



vocation


vocationは「仕事」というよりは「天職」とか「使命(感)」というニュアンスです。


Finally I found a job, but frankly speaking, I think that's not my vocation.
やっと仕事を見つけたが、正直に言って、それは私の天職ではないと思う。



「仕事」を表す名詞のまとめ


簡単にまとめると以下のようになります。


・work:数えられない集合名詞、仕事全般に使う
・job:誰かがすることを前提とし、数えられる具体的な仕事に使う
・occupation:「職業」のとても堅い言い方
・career:人生のかなりの期間での仕事、日本語のキャリアと近い
・task:一つひとつの仕事、日本語のタスクと近い
・profession:専門性の高い職業
・vocation:使命、天職


最後にそれぞれの例文を並べますので、見比べてみて、違いを肌で感じてみて頂ければと思います。


My father started work when he was just 14.
私の父は若干14才で働きはじめた。

That's a temporary job, but I'm hoping it will be made permanent.
これは一時的なのですが、継続したものになることを願っています。

Please state your name, address and occupation.
お名前と住所、ご職業を仰ってください。

The physiotherapist wanted to make a dramatic career change by becoming an author.
その理学療法家は(本の)著者になることによる大幅なキャリアチェンジを望んでいた。

Monkeys can be taught to do simple tasks.
さるは簡単な仕事をするように教えることができる。

Teaching is an enviable profession.
教える事(=教師)はうらやましい職業だ。

However old you are, it's never too late to try a new vocation.
何歳だろうが、新しい仕事にチャレンジするのに遅すぎるということはない。
(人生でやらなきゃいけないこと、のようなニュアンス)




英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク