より自然な瞬間英作文~瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓

はてなブックマーク

「瞬間英作文」の練習本として「瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓」という本をレビューします。



こちらは瞬間英作文のベストセラーとして有名な「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」に
比べるとやや知名度は低く、内容も「どんどん~」に似ているのですが、
「どんどん~」とうまく組み合わせることで効果を発揮する瞬間英作文練習本だと思います。

ちなみに同じ山崎さんという人の「会話できる英文法大特訓」という本もありますが、
こちらも基本的には同じような内容なので、今回は「瞬時に~」のほうをレビューします。
(会話できる~のほうが文法ごとにまとまっていて、英文がやや難しい印象です)


もともと瞬間英作文は森沢さんという人が紹介して有名になった
英会話の勉強法で、前述の「どんどん~」も森沢氏の著作なのですが、
「大特訓」は「どんどん~」に比べて、より自然な英文が多い反面、
「どんどん~」より若干、難易度が高めなのが特徴です。


スポンサーリンク



「瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓」の概要


簡単に言うと、具体的な英文や並べ方が違うだけで、
勉強の方法は「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」とほぼ同じです。

瞬間英作文については瞬間英作文とパターンプラクティス「どんどん~」のレビューでも取り上げていますので、
そちらも参考にしてみていただければと思いますが、簡単に言うと、
日本語訳を見て、口頭で即座に英語に訳す会話の練習法のことを言います。


たとえば、本や音声などで、「私は大学生です」という文章を見て、
それを口頭で「I am a college student.」と即座に言えるように
練習する、というような勉強法です。



本の構成は「どんどん~」とまったく同じで、左側に日本語文、
右側に英文、という構成になっており、CDも日本語訳⇒英語の順で
二時間以上にわたって、ひたすら録音されています。

ですので、勉強の仕方も基本的には「どんどん~」と同じで、
日本語文を見ながらそれを口頭で英語に直していったり、
CDを聞いて、日本語訳が流れた後にそれを英語に言い直したり、という勉強になります。



と、ここまで言うと、ほぼ「どんどん~」と同じような感じがしてしまうのですが、
掲載されている英文の内容はかなり違います。



特に森沢氏の瞬間英作文の本に比べて一番違うのは、
この本に掲載されている英文はとても自然だということです。



(森沢氏のような大御所に対して私がこういうのも気が引けるのですが)
森沢氏の著作の英文には、時々、私から見ても不自然な英文が散見されます。

別に英語の文法的には間違っていませんし、森沢氏がたびたび強調している、
中学レベルの簡単さを保つため、また瞬間英作文の練習用だと割り切って
そうしているのかどうかはわかりませんが、いずれにせよ、
ちょっと違和感のある英語が散見されるのは確かです。


ただ、森沢氏の著作は日本語⇒英語の流れがかなり直訳風なので、
(だからこそ不自然なのですが)初心者には森沢氏の瞬間英作文の本は
非常にわかりやすく、とっつきやすいと思います。



その一方で、この「瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓」に
掲載されている英文は英語としてはとても自然ですが、その一方で、
日本語⇒英語への訳がかなり意訳風だったり、
何通りも言い方があるような言い回しだったりします。



例えば「私たちと一杯、飲みに行かない?」という文の英訳が
「Why don't you join us for a drink?」となっていて、
確かに英語としては自然なのですが、
この日本語訳からこの英語は正直、出てこないと思います。


ですので、どちらかというと最初から英語を隠して、
日本語から瞬間英作文をしていく練習、というより
英語表現を学んでいくイメージのほうが近いかも知れません。



「瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓」と「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」のどちらがオススメか


「どんどん~」と「大特訓」と、どちらもこのサイトではオススメしているので、
もしあなたが初めて瞬間英作文をするのであれば、どちらがいいのか迷ってしまうかもしれません。

そこで、ここではどちらを選ぶべきか迷ってしまったときのために
簡単な指標を用意しておきたいと思います。



「瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓」があまり英文法を網羅していないのに対して、
「どんどん~」は中学1年生レベルからほぼ一通りの英文法を網羅しているので、
英語初心者や、会話が苦手な人の場合は「どんどん~」で
英会話の英文法を固めたほうがいいと思います。


逆に、一通りの英文法に沿って英語をしゃべれる、という人や
瞬間英作文の参考書を一冊以上はこなしたことがある、という人は
わざわざ「どんどん~」で英会話の英文法の基礎固めをやり直す必要は
あまりないはずなので「瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓」のほうがいいと思います。



つまり、


・どんどん~ ⇒ 英会話での正しい英文法の基礎固め
・大特訓 ⇒ より自然な英会話の基礎固め



という具合です。


ここまで読んでまだどちらがいいか迷うようでしたら、
まずは「大特訓」のほうにチャレンジしてみて、難しく感じる、
あるいは基本的な文法のレベルでつまづくように感じるのであれば
「どんどん~」に戻ってみて、再度「大特訓」にチャレンジする、
というのがよいかと思います。



「大特訓」の瞬間英作文でどの程度、会話できるようになるか


日本語⇒英語のCDにしても二時間を超え、文章量も全部で
数百に上りますので、すべてを終えるのは結構大変だと思います。


ですので、この本の瞬間英作文を終えるとどのくらいしゃべれるようになるのか、
というのはとても気になるところだと思います。




結論から言うと、日本人が日本語をしゃべるほどにはペラペラにはなりませんが、
ちょっとした海外旅行くらいではあまり困らなくなると思います。


基本的に瞬間英作文は、参考書を最後までやったら終わり、というものではなく、
2サイクル目、3サイクル目、と繰り返したり、CDを使って勉強したりと、
自分で納得できるまで何度も繰り返すものだと思うのですが、
この「瞬時に出てくる英会話フレーズ大特訓」をそれだけ使い倒せば、
言いたいことはある程度、口をついて出てくるようになると思います。

このくらいのレベルになれば、あとは英語を瞬時に口に出す練習、というよりは
瞬間英作文を通じて英語の表現を増やしていく段階になってきますので、
爆発的に英会話力を向上させることが可能になります。



というわけで、基礎がままならない人は「どんどん~」のほうがいいと思いますが、
そのレベルがしっかりできているのであれば、この本を使い倒すことを是非ともオススメします。

是非ともこの本を使い倒して瞬間英作文の効果を実感してみてください。




英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク