どのようにして英会話をマスターしていくのか~日常英会話の勉強法

はてなブックマーク

基本的な文法をマスターしたら、音読やリスニングと並行して会話の練習も行っていきます。

英会話の練習としてはさまざまなものがあり、
レベルがあがっていくにつれて、さまざまな視点から
さまざまな勉強法を取り入れていくべきなのですが、
まず最初は、瞬間英作文とパターンプラクティスで
基本的な英会話の土台を固めることをオススメしています。

ただ、まずその前にここでは、なぜ英語について一通りの教育を受けた日本人が
まともに英語をしゃべれないのかについて考えてみたいと思います。

元々、勉強熱心でかつ、英語への意識が非常に高い我々、日本人が
ちゃんと英語をしゃべれないのは、やはりどこかがおかしいからであり、
どこがおかしいのかを考えることにより、
どのように改善していけばよいのかが見えてくるからです。

スポンサーリンク



なぜ学校教育では英会話はできないのか


学校における英語教育は長い間、読み書き中心で
使える英語になっていない、との非難を受けてきました。

我々、多くの日本人は中学、高校において6年間、
英語教育を受けますが、そのようにして大人になった
大半の人が駅への道案内すらままならない
英語力しかもっていないのですから、当然といえば当然でしょう。


現にTOEFLという英語圏への留学生向けのテストでも、
(我が国は英語や海外留学への意欲はむしろ強いほうだと思いますが)
残念ながら日本人の平均点は世界最低ランクに属しています。



最近になってこの点を反省し、教育現場においては
使える英語を身につけることを目標に
より会話やコミュニケーションを重視した
英語教育に方向転換していっているようです。

平成23年度より学習指導要綱では、それまで中学生から
必須科目だった英語を小学校5,6年へ引き下げ、
さらに平成28年にはその対象学年を
小学校3年生まで引き下げる方針とのこと。

そして、小学校でのカリキュラムの目的は
英単語、文法や英語表現などの知識を覚えることではなく、
英語へ慣れ親しませることを目標にしているようです。

小学校の学習指導要綱にも、英語教育の目的として
「体験的に理解を深める」
「コミュニケーションをとろうとする態度の育成」
などが挙げられています。


邪推かも知れませんが、このあたりは早期英語教育賛成派と反対派の
板挟みという立場で文部科学省が苦し紛れに考えだした目的、
という気がしないでもありません。




いずれにせよ、我が国の英語教育は以下のような
シフトを行っている最中であると言えると思います。

・読み書き中心⇒使える英語
・英語教育の低年齢化


より英語が当たり前の環境になるという意味では
英語教育の低年齢化は個人的には賛成ですが、
英語を使えるようになる、という意味では
現行の教育方針の方向性については
いくらかもやもやしたものを感じます。


というのは、私自身は以下のように考えるからです。


以前の教育で英語が話せないのはバランスの問題


英語が使えないのは使い方を身につけていないだけであって
知識を中心とする以前の教育方針はそれ自体は別に間違っていません。

つまりバランスの問題だということであって、
知識をおざなりにしてしまったら
それはそれで極端と言わざるを得ない気がします。

※但し、日本の受験英語においては、おかしな英語が多いのも事実です。
 これは各教育機関が質を維持できているかという問題なので
 教育方針の問題とはまた分けて考える必要があります。


間違った英語をどうやって直していくか


コミュニケーション中心で正しい英語を身につけていく場合、
教師が間違いを訂正していく必要があります。


でなければ、口から出たブロークンイングリッシュを
そのまま覚えてしまったりして、間違いに気がつかないので
いつまでたってもブロークンのままになってしまうからです。
 
ですが、親が赤ちゃんを育てるならともかく、学校の教室の中で
すべてのブロークンイングリッシュを訂正するのは時間的に無理でしょう。

通常のコミュニケーションにおける英会話でも
面倒だし相手の気分を害することもあったりするため、
相手の文法上の間違いをいちいち直したりはしません。


現にアメリカには在米十数年のブロークンイングリッシュの
日本人などざらにいるそうですが、やはり大人になってから
アメリカにいっても誰も間違いを指摘してくれないので
自分で直そうとしない限り、そのままなのでしょう。


ただし、間違った英語をしゃべってしまっても
自分でその間違いに気がつくことができれば、
少なくとも次からは正しくしゃべろうと意識することはできます。


つまり、正しく英語をしゃべるためには、
自分で自分の間違いに気がつけるだけの知識は
絶対に必要だということです。


低年齢で覚えた英語はよくも悪くも忘れない


低年齢であればあるほど、体験したことの一つひとつが
強い記憶として残るため、低年齢化すればするほど、
正しい英語を教えることが必要になります。
 
一方で、低年齢化すればするほど、
より多くの児童が英語を教わることになりますので、
(ネイティブを含め)より多くの質の高い英語教師が必要になります。
 
まず、そのことを文部科学省が把握しているのかも気になりますし、
仮にそのことを把握されていても、教師の量、質ともに
高い水準を維持できるのかどうか、少し疑問です。
(文部科学省がすべて折り込み済みであればいいのですが)





以上が現行の学校での英語教育に対する私の考えです。

現状、我々日本人が英語をあまりしゃべることができないのは


「知識を使う方法を身につけてこなかったから」


です。

ですが、かつては英単語や英文法の知識を身につけるだけで
その使い方を学んでこなかった
のですが、
現在はまったくその逆で、使い方ばかりを重視して
知識がおざなりにされている
ような印象を受けます。

とはいえ、現在の英語教育で英単語や英文法などの知識が
本当におざなりにされているのかどうかは、
私はあくまでいろいろな話や学習指導要綱を見て判断しているだけなので、
実際の学校教育の現場がどのようになっているのかは
上記で挙げた以上のことはあまり把握していません。


低学年から英語を教えること自体はきちんと教師の質を保つことができれば
むしろよいことだと思いますが、使える英語、コミュニケーションのできる英語に
こだわるあまり、英語の知識の体得がおざなりにならないことを願うばかりです。



英会話における英単語、英文法などの知識の重要性


上でも述べたように、現状、我々日本人が英語をあまりしゃべることができないのは


「知識を使う方法を身につけてこなかったから」


です。

なので、まず英会話の練習をするにあたって、基本的な英語の知識は必須です。


中学、高校の英語の文法については問題ないレベルにしておいてください。

英単語、英熟語もできれば英検準二級~二級レベルは
わかるようにしておくとよいかと思います。


以後はこれらの文法が問題ない前提で話を進めます。


英語の知識を使える知識にするための英会話の練習


さて、基本的な英単語も英文法もマスターしました、となったら
次に会話のためには何をするべきでしょうか?


これは一番最初でも挙げましたが、以下の2つを中心にしていくとよいかと思います。


・瞬間英作文
・パターンプラクティス


基本的に英語の知識を頭に詰め込んだ時点では、
まったく使いこなせるようになっていません。


例えば、以下のような英文は中学英語が理解できていれば
読めば簡単に理解できるかと思います。
会話の文章としてもまったく難しいものではありません。


I'd like you to introduce my kids to your friends because we have just come to America.
アメリカに来て間もないので、私の子供たちをあなたの友達に紹介して欲しいです。



ただ、もしあなたが今まで学校での勉強でしか
英語を勉強してこなかったのであれば、
これを頭で思ってぱっと口に出せるかというと、
ちょっと難しいかもしれません。


つまり、この文章を理解するだけの英語の知識があっても、
それが口をついてでてこないため使えない、という状態なのです。


これを口をついて出てくるように練習するのが、
先に挙げた瞬間英作文とパターンプラクティスです。

但し、そもそもこの文章が何を言っているかを把握するだけの
知識がなければ、口をついて出てくるようにする練習もできません。
先にもあげたように、少なくとも読めばわかることが前提になります。


長くなってしまったので、その具体的な方法については次の記事に譲りますが、
まずは以下のことを覚えておいて頂ければと思います。

・基本的な英文法の知識が前提である
・具体的な練習法としては「瞬間英作文」「パターンプラクティス」という2つの方法がある


それでは、次の記事では、実際に「瞬間英作文」をやってみましょう。

>瞬間英作文とパターンプラクティス

英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク