あなたは英語を英語のままで理解できていますか?~英会話のための英語脳について

はてなブックマーク

英語の勉強、という時に昔から必ず言われるのが日本語を解さずに
「英語を英語のまま理解する」ということです。


つまりThank youと言われた時に、頭の中で
「ありがとう」という言葉を思い浮かべることなく
Thank youのままで理解する、ということですね。




結論から言うと英語を使いこなすためには英語を英語のままで理解するのは必須です。



そして、それは知識というよりは一種の慣れですので、
知識の吸収だけではなく、反復練習による慣れが必要になってきます。


ただ、スポーツなどと同じですが、いくら数をこなしても、
それが正しい方法でなければその効果は期待できません。

ですので、まずは英語を英語のままで理解するとは
どういうことなのかをしっかりと認識しておく必要があります。

スポンサーリンク



あなたは日本語を日本語で理解してはいない


まず、大前提として重要なのは、「英語を英語のまま理解する」ということと
「英語でものを考える」ということは違うということです。

ここをまずきっちりと分けないとすべての話がごっちゃになってしまうので、
まずはちょっと長いですが、ここを明らかにしておきたいと思います。



これは我々の母国語である日本語で考えたほうがわかりやすいと思うのですが、
あなたが何か日本語を耳にしたり目にする時、
それを理解するのに別の日本語が必要でしょうか?




例えば、「ねぇねぇ、ラーメン食べに行かない?」と言われたとします。

この時に、この言葉を理解するのに他の日本語を介して理解しているでしょうか?





おそらくそんなことはないはずです。





ラーメンとは中華麺とスープ、チャーシュー・メンマ・たまご・ねぎなど
様々な具を組み合わせた麺料理のことである、とか
食べるとは口から食物を摂取することだとか考えたりはせず、即座に理解できるはずです。


また、上記はラーメンの例でしたが、例えば「蓋然性」(がいぜんせい)のような
抽象的であまり使い慣れない言葉の場合、
慣れないと頭の中で「可能性」のような知っている言葉に置き換えたり
前後の文脈などから意味を推測したりもします。

後者の場合はやはりそのプロセス自体に日本語を使っていませんし、
前者の場合についてもあくまで使い慣れない言葉でそうしているだけで、
蓋然性という言葉から意味をイメージできるようになれば、
「可能性」という言葉は介在しなくなります。


このように言われたことをそのままに理解することを
「日本語を日本語のまま理解する」というのです。




それに対して、「日本語でものを考える」というのは
「今日は何をしようかな」とか、先ほどのラーメンの例で言えば
「まいったな、今日、ラーメンの気分じゃないんだよな、断ろう」と
何かしらを自分自身の意思で考える際に日本語を使って考える、ということです。



英語だと私たち日本人にはイメージがわきにくいのでごっちゃになりやすいのですが、
この二つは明確に違うということをまずは認識すべきだと思います。



英語を英語のまま理解するとはどういうことか


上記の日本語の例をふまえると、英語を英語のまま理解する、ということは
英語を耳や目から取り入れて理解する際にそのまま理解する、ということです。

決して英語に対して英語で考える、ということではありません。


そうではなく、日本語を使わないで、イメージを介在して理解するということです。



つまり、英語⇒イメージ⇒理解、ということですね。


このように英語をそのままに理解することを一般的に「英語脳」といったりしますが、
それはもう少し突っ込んで言うと、このようにイメージを媒体にして理解するような
脳の回路、ということになります。



ですので、この記事の最初で「英語を英語のまま理解することは必須」といいましたが、
それはつまり日本語を介さずにイメージを介して英語を理解するのは必須と言い換える事ができます。


日本語を介さない英語の回路を作るのに日本語は不要か


英語の回路においては、日本語を間にはさまずに英語を理解するのですが、
それでは、英語だけで理解するために日本語は不要なのでしょうか。
(現にこういうことを言っている英語教材や英会話教室もあります)





結論から言います。





英語を英語のまま理解できるようになる過程においては
日本語で英語を学習することもまた必要です。




なぜなら、英語⇒イメージ⇒理解という英語の回路を作っていく前に、
まずは知識を頭の中にいれなければなりませんが、
英語の文法や規則を英語のみで説明して理解するには
かなり高度な英語力が必要であり、それができる人はかなり限られているからです。



私たち日本人は普通、大人になればすでに脳が日本語で固まっていますし、
子供ほど柔軟な脳でもなければ、ネイティブの子供の親のように
あなたの間違いを何十回も根気強く直してくれる人はおそらくいないと思います。

ですので、日本語を使わずに英語の知識を学ぶのは、
普通の日本人にはかなり無理のある学習法だと思います。





ですが、逆に私たち大人がネイティブを含めた子供よりも圧倒的に有利なものもあります。



それは論理力理解力思考力です。




ですので、私たちのような普通の日本人の大人であれば、
まずは難しいことや複雑なことも理解可能な、
母国語である日本語を使って知識を理解していき、
その上で、先にあげたような英語の回路を築き上げていくのが
もっとも近道なのではないかと思います。


英語脳を作るために必要な2つのプロセス


上記をふまえると、英語を英語のまま理解するためのプロセスとしては以下のようになります。


1.英語の知識(英文法、単語、言い回し等)を理解する。
2.英語を逐語訳せずに英語のまま理解できるようにする。


英語の学習法についてというページで以下のような学習ポイントを挙げました。


0.メンタル面での自己管理
1.英単語、英文法の暗記
2.音読による英語そのものへの慣れ
3.リスニング
4.クイックレスポンスを意識した英会話の練習
5.リーディング
6.ライティング



例えば、これにあてはめるなら、「0.メンタル面での自己管理」は
英語そのものの学習ではないので省いて、
英語の知識を理解する段階としては「1.英単語、英文法の暗記」、
英語を英語のまま理解する段階としては「2.音読による英語そのものへの慣れ」
「3.リスニング」「5.リーディング」あたりがあげられます。


ただし、すべての勉強がこのような英語脳を第一の目的としているわけではありません。

英語を英語のままで理解する、ということも念頭に入れておいてもよいと思いますが、
英会話の練習である瞬間英作文などは、英語を英語のまま理解する、ということとは
また別の勉強になりますので、分けて考える必要があるかと思います。


いずれにせよ、まずは、今、自分がやっているのは何を目的としているのかを
明確にしておくことがどの学習でも重要なのではないかと思います。



結局、英語脳になるには何をすればいいのか


それでは結局、英語を英語のまま理解できるような
脳の回路を手に入れるためには何をすればよいのでしょうか?


まず重要なのは、英語を英語のまま理解できるようになるのは
あなたがすでに知識としては知っていることだけだということです。

ない知識は定着しようがありません。



ですので、まずは中学の英文法や基本的な英単語が身についていないのであれば
中学の文法や基本単語を学ぶことをオススメします。

その上で、英語の回路を定着させるための学習と
知識を吸収するための学習を並行して進めていくのがよいのではないかと思います。




英語を英語のまま理解できるようになるための勉強としては
音読やリスニング、読書などがありますが、
「英語を英語のままで理解する」という目的に関して言うのであれば、
あなたから見てやや簡単に感じる英文を大量に音読するのがもっとも効果的です。

その際には、今までにあげたような英語の理解の仕方を
なんとなくでよいのでイメージしながら行うとよいと思います。

なんとなくでもイメージしているのと、ただやみくもに実践しているだけでは
やはりその効果は変わってくるからです。



実は中学の英文法の範囲が、英語のままで理解できるようになれば、
日常会話のほとんどをカバーできてしまいますし、
それ以上に難しい語法なども、それほど苦労することなく理解できるようになります。


一日、どの程度学習するかにもよりますが、
早ければ数日~数週間で違いを実感できるかと思います。





英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク