That's OK、Never mind、Don't worry、No worries 他~「大丈夫」の英語表現の違い

はてなブックマーク

「心配しないで」という時、日本ではよくドンマイ!(Don't mind)といいますが、
「疑問も感じない」や「気にしない」という意味なので、少しニュアンスが異なります。

ここでは「心配しないで」という意味の以下の表現の違いについてまとめます。


・That's OK.:いいですよ(過ぎたことは気にしない)
・It's OK.:まぁいいですよ(あまりいいと思っていない印象)
・Never mind.:気にしないで。
・Don't worry (about it).:心配しないで。
・No worries.:心配いらないよ。
・No problem.:問題ないよ。
・No sweat.:困ったことはないよ。
・Don't sweat (about it).:困らなくていいよ。
・Don't let it bother you.:落ち込まなくていいよ。



ただ、先に結論を言ってしまうと多くの場合、置き換え可能ですし、
「ええ、大丈夫ですよ」という気持ちを伝えることが大事ですので、
どの言葉を使うにせよ、笑顔で言うことが大事かと思います。


スポンサーリンク



That's OK.


相手に申し訳なく思われた時などに、大丈夫ですよ、という時に使います。

That's OK. の他に It's OK. という言い方もありますが、
It's OK.のほうがちょっとそっけなく聞こえますので、
基本的にはThat's OK.を使います。


That's OK.


Thatというのはこの場合、既出の出来事を指していますが、
もともとThisが「これ」なのに対してちょっと離れたものを
That「あれ」と指すようにちょっと距離感のある言葉です。

なので、That's OK. というと、過去の過ぎ去ったことに対して
OK、しょうがないよ、というニュアンスになります。


It's OK.


Thatが物理的/心理的に距離があるものに使われるのに対して、
Itはそれよりもそばにあるイメージがあります。

なので、It's OK.はThat's OK.に比べて、
まだこだわっているような印象を受けてしまいます。


そもそもOKという言葉自体は、プラスの意味というよりは
「マイナスではないよ」というニュアンスのほうが強いので、
thatを使うほうがもう過ぎ去ったことであり、
こだわっていないということを示すことができます。


日本語で言うと、「うーん、まぁいいか」という感じです。



Oh,Excuse me!
あっ、すみません。(すれ違い様にぶつかって)

That's OK!
大丈夫ですよ。




Never mind


まず、日本では「心配しないで」という意味で定着している
ドンマイ(don't mind)ですが、これは最初に書いたとおり、
「疑問も感じない」や「気にしない」という意味になります。


I don’t mind the cold, but I do mind the snow.
寒さは気にしないけど、雪は気にする。



なので、ドンマイといいたい場合は「Never mind」とか、
後述の「Don't worry」「No worry」とかを使います。


don't worry (about it).


こちらのほうが日本で言う「ドンマイ」とか「大丈夫ですよ」に近いです。

普通に心配しないで、という意味でも使えますし、
例えば「I'm sorry」的な感じで謝られた時の返事にも使います。


I'm sad she left.
彼女が去って寂しいんだ。

Don't worry, she'll come soon.
心配しないで、すぐ戻ってくるさ。



Thank you for your working till late last night.
昨夜は遅くまで働いてくれてどうもありがとう。

Don't worry.
大丈夫ですよ。





No worries./No problem./No sweat.


こちらは心配しないで、というか「心配する必要ないよ」というニュアンスです。

Are you drunk?
酔っぱらっているの?

No worries! I am just feeling good.
大丈夫だ、ちょっと気分がいいだけだ。




Thank you の返答としても使えます。

Thanks for your help.
手伝ってくれてありがとう。

No worries!
気にしないで!




また、似たような用法で No problem、No sweatなどがありますが、
語義的には以下のようになります。

Thank you の返答としてはいずれも使えます。

- No worries.:心配ない
- No problem.:問題ない
- No sweat.:難しいことはない(sweat=汗=口語で難しいこと)


Don't sweat (about it).


こちらはDon't worryとほぼ同じですが、よりくだけた言い方です。


I might have scolded her too much.
彼女をおこりすぎたかもしれない。

She's OK, I guess. Don't sweat it.
大丈夫だよ。気にするな。




Don't let it bother you.


こちらは「大丈夫」というよりは「気にするなよ」「落ち込むなよ」という意味ですが、
直訳すると「それにあなたを気にさせないでよ」ということになります。

botherはちょっと訳しにくい言葉で、辞書や単語集では一般的に
「煩わせる」という日本語訳が当てられており、
他に「落ち込ませる」「気にさせる」などかなり広義の使い方ができる語です。


そして、それ(何らかの問題等)に botherさせるな、ということは
現段階ですでに少なからず botherされている、あるいはそう見える、
ということが前提とされています。


なので、誰かが申し訳なさそうにしている時よりも、
何か失敗をやらかしたとか、ミスをしたときなどにぴったりの言葉です。


What's up? you look sad. Don't let it bother you.
どうしたの、元気ないね。落ち込むなよ。







というわけで、That's OK./It's OK.のような微妙な違いだけ気をつければ
あまり気にせずにどれを使っても大丈夫なのです。




むしろ、この手の口語表現は笑顔で相手の目を見て
気持ちを伝えることのほうが大事ではないかと思います。


日本人同士だと目を見ずにお礼や返事を言う人もいますが、
ネイティブからすると仕方なく言っているように見えてしまうこともありますので、
まずは目を見て言葉を発するようにしましょう。

その上で微妙な言葉の違いも使いこなせればパーフェクトです。



一応、日本語で強引に区別すると以下のような感じになると思います。


・That's OK.:いいですよ(過ぎたことは気にしない)
・It's OK.:まぁいいですよ(あまりいいと思っていない印象)
・Never mind.:気にしないで。
・Don't worry (about it).:心配しないで。
・No worries.:心配いらないよ。
・No problem.:問題ないよ。
・No sweat.:困ったことはないよ。
・Don't sweat (about it).:困らなくていいよ。
・Don't let it bother you.:落ち込まなくていいよ。



英語学習特別講座


普段の英語学習におけるノウハウやためになる知識、
面白いトピックなどをあなたと共有するための無料講座です。

あなたがもし、本当に英語をマスターしたい、
そのための努力を惜しまないとお考えであれば、
是非ともご確認ください。

真剣に学びたい人のための特別講座

はてなブックマーク