和製英語〜日常編

はてなブックマーク

よく言われることですが、日本でよく聞く英語っぽい言葉(いわゆる和製英語)を海外で使うと通じません。
通じないだけならまだいいのですが、不要な誤解を招いたり、場合によっては誤解やトラブルを招く可能性もあります。

ここでは日常に関する和製英語についてまとめていきたいと思います。
順次、追加してまいります。

スポンサーリンク


住まい・生活の和製英語


マンション・アパート


英語でいう mansion は豪邸のことです。
日本でいうマンションは英語では apartment(米)、flat(英)です。

apartだけでは「離れて」という意味の前置詞なのでアパートの意味であれば
apartment、あるいはapartment house とする必要があります。

ペンション


英語で pension は年金のことです。
日本でいうペンションは英語では cottage が近いと思います。

ファックス


faxでは通じません。正確にはfacsimileです。

エアコン/クーラー


正確には air conditioner です。

トイレ


toilet でもあながち間違いではありませんがあまり品のよくない言葉です。
通常、bath room、rest room といいます。

身の回りの物に関する和製英語


シャープペンシル(シャーペン)


英語ではmechanical pencilといいます。

ホッチキス


英語では stapler といいます。

コンセント


英語ではoutlet(米)、socket(英)です。
consentは「同意」とか「承諾」という意味です。

ノートパソコン


英語では laptop computer、または単に laptop です。

キーホルダー


英語では key ring です。

タバコ


タバコは葉巻の中に詰められている植物の名前なので、日本でいうタバコは cigarette です。
私はタバコを吸わないので使う機会がないのですが。。

電子レンジ


range というのは「範囲」という意味なので通じません。
英語では microwave といいます。
なお、「電子レンジ」という名詞も microwave ですが、「電子レンジで温める」という意味の動詞も microwave です。

ビニール袋


ビニール袋は plastic bag といいます。
ちなみにいちごなどを育てるビニールハウスも vinyl house ではなく plastic house です。

マフラー


日本ではマフラーと呼ばれるものも、英語では scarf です。
英語でマフラーと言うとバイクのマフラーを想像されてしまいます。

チャック


英語では zipper です。

ペットボトル


正しくは plastic bottle です。

サービスの和製英語


コンビニ


これはご存知の方も多いかも知れませんが、正しくは convenience store です。

スーパー


スーパーは supermarket です。

superだと「超」とか「超越する」という意味の接頭語になります。
スーパーマン(superman)のスーパーですね。

デパート


正しくは department store。
department だけでは「部門」という意味になってしまうので全然違う意味になってしまいます。

コインランドリー


コインランドリーは和製英語で、正しくはlaundromatです。laundryとは単に洗濯のことです。

コインロッカー


これも和製英語ですね。正しくは coin-operated lockerですが、通常はlockerでいいと思います。

フロント


ホテルなどの受付のことはフロントとは言わず reception といいます。
ホテルに限らず基本的に窓口対応する場所を reception といいます。

サイン


サインのことを英語では signature といいます。

sign というのは合図や記号のことです。
野球のサインは sign で正しいです。
ちなみに数学の +(プラス)は a positive sign、-(マイナス) は a negative sign です。

フライドポテト


正しくは french fries です。
私は初めて海外旅行をした際にフライドポテトと言って通じなかった経験があるのですが、同じ経験をされた方は少なくないような気がします。

子供の和製英語


ランドセル


ランドセルは元々オランダ語のlanselに由来します。
アメリカには日本のようなランドセルがなく対応する言葉がないのでwikipediaでも下記のように長々と説明されています。

A randoseru (ランドセル) is a firm-sided backpack made of stitched firm leather or leather-like synthetic material, most commonly used in Japan by elementary schoolchildren.

https://en.wikipedia.org/wiki/Randoseruより引用


車や乗り物の和製英語


ガソリンスタンド


正しくは gas station(米)、petrol station(英)です。
gas、petrolというのはガソリンのことです。

ハンドル


車のハンドルは英語ではsteering wheel、または単に wheel、自転車のハンドルは handlebar です。
handle は取っ手という意味ですが、どちらかというと「扱う」という意味の動詞で使われる事の方が多い気がします。

クラクション


英語では horn といいます。

バックミラー/ルームミラー


車の運転席と助手席の間、上部についているミラーです。
正しくは rearview mirror です。

ペーパードライバー


ペーパードライバーは和製英語で、これに該当する英語はありません。
自分がペーパードライバーであることを伝えたい場合、下記のように文章にして伝える必要があるでしょう。

I have a driver's license, but I haven't driven for ages.


サービスエリア


SAですね。英語では rest stop といいます。
(service area という英語はありません)

バイク/オートバイ


bike はバイクではなく自転車のことです。

また、バイクのことは auto bike とは言わずに motorcycle、motorbike といいます。

ダンプカー


荷台に土砂などを積み下ろしできるトランクのことですね。
ダンプカーは和製英語ですので正しくは dump truck です。

グリーン車


正しくは first class carです。

はてなブックマーク